矢野裕之の顔画像とFacebookを特定?元伊藤忠社員が虚偽請求・架空取引の詐欺で逮捕!

11月25日、元伊藤忠商事社員の矢野裕之が詐欺容疑で逮捕されました。

架空取引・虚偽の請求書を提出して、伊藤忠から約2,150万円を騙し取ったとのこと。

このページでは矢野裕之が起こした詐欺事件の概要や犯行に至った理由、顔画像やフェイスブックなどを取り上げていきます。



矢野裕之が起こした詐欺事件の概要について

架空の取引代金名目で伊藤忠商事から約2150万円をだまし取ったとして、大阪府警曽根崎署は25日、詐欺容疑で京都市下京区の元同社社員矢野裕之容疑者(38)を逮捕した。

「間違いない」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は、繊維製品の仕入れ業務などを担当した2014年12月~18年5月、取引先だった大阪府内の衣料品会社に虚偽の請求書を提出させ、伊藤忠から代金として計約2150万円をだまし取った疑い。 

(引用:時事通信

超大手・一流商社の元サラリーマンによる、詐欺事件が発覚しました。

2014年~2018年の4年間にわたって、勤務先の伊藤忠商事に架空の請求書を提出して約2,150万円を騙し取ったとのこと。

以下では、逮捕された矢野裕之について詳細を確認していきます。



矢野裕之のプロフィールと顔画像やFacebookは?

今まででの情報で判明している、矢野裕之のプロフィールは以下になります。

・名前:矢野 裕之(やの ひろゆき)
・年齢:38歳
・住所:京都市下京区
・職業:元伊藤忠商事勤務(現在不明)
・逮捕理由:詐欺容疑

矢野裕之は年齢38歳、伊藤忠商事に勤務していた元サラリーマンです。

事件が発覚して、2018年7月に懲戒解雇処分を受けています。

現在の職業は不明ですが、伊藤忠商事ではファッションアパレル第一課に所属していたようです。

2015年にはペルー紡績最大手会社との協業の担当者を担っていたようで、非常に優秀な社員だったことが伺えます。

2,000万円以上ものお金を会社から騙し取っていたようですが、それでも伊藤忠商事社員という大看板とは割に合わないですよね。

欲をかくことなく真面目に勤務していれば、将来もずっと安泰だったのではないでしょうか。

次に矢野裕之の顔画像ですが、報道やニュースで公開などはされていません。

ただし次に紹介するSNSにおいて、本人とおぼしき写真を発見しました。

そのSNSはFacebookなのですが、同性同名で勤務先が伊藤忠商事となっています。

今回逮捕された矢野裕之のアカウントの可能性が高いと踏んでいますが、別人の場合は迷惑をかけるのでここでは伏せさせていただきます。

気になる方はグーグルの検索結果を貼っておくので、そちらからチェックしてみて下さい。

→「矢野裕之 伊藤忠」の検索結果)

確定情報ではありませんが、そのフェイスブックが本人だとしたら詐欺事件を働くような感じには見えなかったですけどね。

お洒落でヒゲの似合う、子煩悩で優しいパパという感じでした。

その他、ツイッターやインスタグラムも調査しましたが、矢野裕之と確認できるアカウントは見つからなかったです。



矢野裕之の犯行動機は?なぜ詐欺行為を行ったのかその理由は?

矢野裕之の犯行動機・理由ですが、これは「遊び金が欲しかった」と推測します。

というのも矢野裕之は詐欺によって騙し取ったお金を、遊興費などに使ったと供述しているのです。

30代で伊藤忠の社員なら年収1,000万円は超えていたと思いますが、それでも足りなかったのでしょうかね。

私なんかには上級国民の考えは分かりませんが、使いみちは旅行・キャバクラ・ブランドものなどでしょうか。

なんにせよ生活費だけでなく、エリートサラリーマンとして気兼ねなくたっぷり使えるお金が欲しかったのだと予想します。

あと気になるのが、取引先のアパレル会社も矢野裕之とグルだったのではないかということです。

この理由はお金の流れからで、具体的に説明すると、

架空の請求書を提出された伊藤忠商事がアパレル会社の口座に代金を振り込み、そのアパレル会社から矢野裕之の個人口座にお金が振り込まれていたとのこと。

矢野裕之が口八丁手八丁で、アパレル会社をも騙した可能性もあります。

ただ存在しないはずの請求書を発行している時点で、どう考えてもおかしいですよね。

犯行動機や事件の真相は今後の捜査で明らかになると思いますが、安定した道からの落差は思いのほか厳しそうです。

それだけの事件を犯したわけですから、厳重に対処・処罰されるでしょう。

矢野裕之についてのネット・世間の声

伊藤忠で30半ばだったら、良い給料もらってただろうに、お決まりのギャンブルで借金作ってたパターンかね?

そのままただ普通に、真面目に生きてりゃ、人が羨むぐらいの人生を送れただろうにご愁傷様。

分かっているだけで2000万強、全部出せば億を越えてるんじゃない?

請求書を書いた方もヤバくなりそうですね。

同業者の仕業!!架空請求詐欺!!

容疑者に「ウソは泥棒の始まり」を、それが伊藤忠と言った大手でも零細企業でも、余罪も有ると思われる!!

こういうのって    

よくわからないんだけど。

請求書がなくて商品ないとばれる訳だから。

商品代金に上乗せして請求してもらって。

上乗せ分も合わせて相手の会社に振り込んで相手の会社から現金とかでキックバックして貰うの??

伊藤忠グループはどこもこんな感じ。モラルもあったもんじゃない。

「俺はいくら」みたいな自慢を延々と話す。特に年末から年度末は酷い。下品極まる。

伊藤忠の社員は地下アイドルにタクシーチケットを渡して気を引こうとしてる奴もいる。

自社から騙し取ったわけだから、犯人が叩かれてるのは当然だが伊藤忠が叩かれるのは違うな。

被害者だし

FXか株で大損しての損失補填の線が有力やな。

それか、昔話題になったアニータみたいに外国人の女に貢いだか笑笑