辻本貴浩の顔画像・Facebookは?札幌アパマンショップのスプレー缶爆発事故の犯人が書類送検



去年の12月に起こったアパマンショップの爆発事故をめぐり、元店長である辻本貴浩が書類送検されました。

あまりにもショッキングな事故だったので、記憶に新しい人も多いでしょうね。

このページでは辻本貴浩が起こした爆発事故の概要や、顔画像やフェイスブックなどSNS情報を解説します。

アパマンショップ爆発事故の犯人・辻本貴浩が書類送検

去年12月、札幌市豊平区の不動産仲介業「アパマンショップ」の店舗で起きた爆発事故で、2日、北海道警は元店長の男性を書類送検しました。

札幌地検に書類送検されたのは、不動産仲介業「アパマンショップ」の元店長の34歳の男性です。

道警によりますと、元店長は去年12月、札幌市豊平区平岸の店舗で消臭・除菌スプレーを少なくとも50本以上噴射。可燃性ガスを充満させた上でガス瞬間湯沸かし器を使いガスを爆発させたということです。

この爆発により近くの飲食店の客など46人に重軽傷を負わせたことなどから、重過失傷害と重過失激発物破裂の疑いが持たれています。

(引用:HBCニュース

およそ1年前、去年の12月に起きた「アパマンショップ平岸駅前店」での爆発事故を起こした元店長が書類送検されました。

上のニュースでは名前が報じられていませんが、元店長の名前は「辻本貴浩」といいます。

以下では、爆発の犯人で書類送検された辻本貴浩について詳細を取り上げていきます。



辻本貴浩のプロフィールと顔画像やFacebookは?

アパマンショップ平岸駅前店を爆発させた犯人、辻本貴浩のプロフィールは以下になります。

・名前:辻本 貴浩(つじもと こうき)
・年齢:34歳
・住所:札幌市豊平区
・職業:元アパマンショップ平岸駅前店店長(現在は不明)
・逮捕理由:重過失傷害容疑

辻本貴浩は年齢が34歳、事故を起こすまではアパマンショップ平岸駅前店店長をやっていまし。

現在の職業は不明ですが、あれだけのことを起こしたわけで今も訴訟の真っただ中ですから、就職もままならないでしょう。

次に辻本貴浩の顔画像ですが、ニュースや報道では写真等流れていなかったです。

しかしユーチューブにて、アパマンショップ平岸駅前店を紹介する動画あり、そこで辻本貴浩の姿を確認することができました。

動画の中に出ている辻本貴浩の姿を切り取った写真がこちら。

こんな和気あいあいとした動画を撮っている時は、まさか自分があんな事故を起こすなんて夢にも思っていなかったでしょうね。

辻本貴浩のSNS情報ですが、ツイッター・インスタグラム・フェイスブックなど調べましたが、該当するアカウントはありませんでした。

もしかしたら店長時代はSNSをやっていたかもしれませんが、さすがに本名ではできないでしょう。



スプレー缶爆発事故の原因と疑惑の消臭サービスについて

辻本貴浩の犯行動機というか、アパマンショップ平岸駅前店の爆発事故がなぜ起こったのを説明します。

あの爆発事故は店内に残っていた、消臭剤のスプレー缶のガス抜き作業中に起こりました。

100本以上ものスプレー缶を店内に噴射させてガスを抜いた後に、湯沸かし器のスイッチを入れたことで爆発が起こったのですね。

愚かにもその作業を指示・実行したのが辻本貴浩です。

さらにスプレーのガス抜きというのは、風通しの良い屋外で行うのが常識ですよね

ですが辻本貴浩たちは、締め切った室内で換気もせずに作業を行ったわけです。

とんでもない量のガスが充満するのは簡単に分かることですし、その状態で湯沸かし器を付けるなんて目も当てられません・・・。

補足知識として、なぜ不動産業者の店舗に100本以上もの消臭スプレーがあったかですが、これはアパマンショップが消臭サービスを行っていたからとのこと。

この消臭サービスというのは、授業員が入居者の家に行ってスプレーを撒くというサービスのようです。

そしてこの消臭サービスは住居人不在で行われることをいいことに、実際はスプレーを撒かなかったからこそ、店舗に大量のスプレーが残ったとのことです。

しかもそんな手抜きのサービスなのに、消臭・抗菌代として1万円を請求していたようです。

爆発事故に巻き込まれた人や、周辺の店舗・建物が損壊するなど被害は甚大なので、言い切ることは難しいですが、このような怠慢な営業を続けていたからこその結果ではないでしょうか。

そして元を正せば、店長として従業員の指導・管理を怠り、あまつさえ大事故を起こした辻本貴浩は厳罰に処されるべきでしょう。

辻本貴浩についてのネット・世間の声

まぁ今から思い返すと、よく死人ゼロで済んだなって爆発だったが。

つか、刑事はこれからとして、民事の方はどうなってるんだろうな。

使用者責任あるから、民事の場合アパマン系列もからむはずだが。

被害に遭った人や店舗への賠償は終わったのかな。

さすがに1000円のスプレーが1万円以上する会社じゃ困りますね。

この事件で、1000円の消臭スプレーで、消臭費用をぼろ儲けしていたのがばれましたね。
業績もかなり悪化したんでしょうね。アパマンで借りようと思わないもん。

今更書類送検とか遅いわ

何やってんの

未だに賠償問題が解決していないと聞きました。

この店長や一緒にガス抜きした従業員は無知だとして会社に色んな問題が有ると思うのですが…

事務所が相当消臭された筈なんだけど、みんな吹っ飛んじゃって仕事もパァ。

それでも助かってる訳だけら、ある意味スーパーマンですよ。

悪い伝説として暫く語り継がれるでしょうね。

有償で行うはずだったスプレーの処理をしていたのだから詐欺罪も含まれないとおかしいと思うけど

この前ニュースでやってたけど被害者の人たちは全く補償が進んでないみたい

自腹で会社の備品を揃えなおして移転して会社を始めたところもあるけどそれに対しての話し合いも一切行われていなくてその保証に関してはもしかしたら支払われないかもしれないと言う話

アパマンはこの支店長に全て責任を擦り付けてだんまりを決めてる

スプレーをなんで室内で噴射したの?1本とかならいいけど120本はどう考えてもおかしい。

そのあと給湯器を使ってるのもどうかと思うけどね。

無知すぎてヤバイな。被害に遭った方がお気の毒です。

あの日の一瞬の激しい揺れ!

昨年の胆振東部地震の時より物凄くて、未だに忘れられません。近くを通るたび背中にゾクっと悪寒が走ります。

つい昨日の事の様な感覚ですが、もう次の建造物が立とうとしていて…新しい建物が立ったとしても私は忘れられないな。

近隣の補修工事が始まったのもつい最近ではなかったかと思います。

兎にも角にも被害遭われた方への出来うる限りの補填を強く望みます。

室内でスプレー大量噴出させた場合の危険度をしらなかった?常識的に考えられない行動だと思いました。

34歳まで知らなかった事と、他にも一緒にやってた人もしらなかったって事が、事故の大要因に繋がったと思う。

世の中に色々なスプレーはあるけど、ごみ収集のスプレー缶の火災事故とは、ガス抜きは屋外で行う事って書いてあるし。

室内消臭用だから大丈夫って思ってたのかな。

噴出していたスプレーの説明書を読んでみたい。

会社の指導に逸脱する形での事故なので…で、アパマン側はおとがめなしなの?

いやいや、使用者責任みたいなものが発生するんでしょ?あるいは監督責任とかさ。

法律用語がわかんないから、変なこと述べてたらごめんなさいだけど。

呑気にテレビCM流す余裕があるんだったら、気の毒な被害者に手を差し伸べた方が、よっぽど企業好感度も上がると思うよ。

店長の書類送検は当たり前でしょうが、個々の保証の進展はしてないんでしょうかね?

この事故により、閉店・店じまいしたところまでは聞いてますが、ニュースにもなってないからその後はどうなんでしょうかね?

アパマンショックからもう一年経つのか。結局爆風で割れた窓ガラスとか保証しないで一年過ぎたんやね。

住人の人暑かったろうし寒かったろう。

お金がなかったら未だにそのままのところの人もいるんじゃない?

なのに話もしに来ないなんてねえ。

この店長は事故後入院して逮捕もされてないようだし、書類送検まで一年近くかかってるんだけど上級国民連呼が大好きな人達は何故騒がないのだろうか?

何で不良在庫になるの解ってて客からサービス料請求しといてその部屋で使わなかった?
ちゃんとしてりゃこんな事件起こさなくて済んだのに。