辛坊治郎の妻嫁と息子娘や兄など家族と自宅は枚方市?高校・大学の学歴やプロフ経歴も紹介!



フリーアナウンサーの辛坊治郎(しんぼうじろう)さんが、担当番組の女性プロデューサーにパワハラをしたとして話題になっています。

ここでは辛坊治郎さんの嫁・子供・兄など家族と自宅情報、学歴と経歴などプロフィールを紹介。

辛坊治郎が結婚した妻嫁と息子・娘の顔画像と名前

辛坊治郎さんが結婚しているかどうかですが、これはもちろんしており、お嫁さんと子供3人の4人家族です。

まず奥さんは「辛坊香」という名前で、顔画像はこちらです。

辛坊治郎さんが最も頭が下がらない相手というのが妻の香さんで、彼女が家庭を守りながらサポートしてくれるからこそ、今の自分があるとのことです。

また辛坊治郎さんは2013年にヨットで太平洋を横断するという、命がけのプロジェクトに挑戦したことがあり、企画の前段階で賛否両論がありました。

ですがこの時にも奥さんの香さんは、

「特に何かを手伝うわけではないけど、気持ちの上では一番の理解者・応援する人でありたい」

という優しくて暖かい言葉をかけてくれているのですね。

そして辛坊治郎さんの子供は娘が1人、息子が2人いるようで、

娘:「響(ひびき)」
息子:「太郎(たろう)」、「仁(じん)」

という名前だそうです。

この3人の子供についてはほとんど情報がなかったのですが、長女である辛坊響さんの出身高校は関西の名門である四天王寺高校で、そこから立命館大学に進学しているようです。

辛坊という苗字がかなり珍しいのでおそらくは本人だと思われ、2013年時点で立命館大学のアーチェリー部に所属していたことまでは判明しています。

息子については辛坊太郎さんの誕生日が8月19日ということぐらいで、他の情報は何も見つけられませんでした。



辛坊治郎の兄弟・兄である辛坊正記の学歴・経歴

辛坊治郎さんには7歳年上の兄が存在し、名前は「辛坊 正記(しんぼう まさき)」という方です。

この辛坊正記さんもまたすごい経歴の持ち主で、まず学歴ですが、

一橋大学を卒業した後に慶應義塾大学大学院に行き、さらにニューヨークが本部のコロンビア大学でMBAを取得しています。

さらに

・ニューヨーク信託会社で社長
・住友銀行アトランタで支店長
・住友ファイナンスエイシアで社長
・国際金融法人で部長

などといったように名だたる企業の幹部・重要職を任され、まさに金融業界のスペシャリストなのです。

そして今現在の辛坊正記さんですが、大型リチウムイオン電池や蓄電システムの開発・販売をしている「エリーパワー株式会社」の取締役として勤務しているようです。

また弟である辛坊治郎さんとは、2010年に「日本経済の真実 ―ある日、この国は破産します」という書籍を共著で出版しています。

それにしてもなんという兄弟なのでしょうかね、ご両親からすれば鼻が高いとしかいえないぐらいですし、地元では神童として名を馳せていたのではないでしょうか。

今や超有名アナウンサーにまで上り詰めた辛坊治郎さんも、小さい頃からこの優秀な兄貴を見て育っているのでしょうね。



辛坊治郎の自宅住所は大阪の枚方市で最寄りは樟葉駅?

辛坊治郎さんとご家族が住んでいる自宅について、詳細な住所までは分かりませんが、高確率で大阪の枚方市だと思われます。

というのも、枚方市での辛坊治郎さんの目撃情報が半端ないぐらいあるんですね!

さらに京阪電鉄の「樟葉駅(くずは)」周辺で目撃する人が多いので、ここが家の近くの最寄り駅なのでしょう。

これについては自身が出演しているテレビ番組内でも、「くずはモール」という百貨店によく行くということを、自分で言っていたようです。

他にも、駅構内・喫茶店・TSUTAYA・公園などで辛坊治郎さんを見かけたことがある人が続出でした。

おそらくですがプライベートでは何の変装もすることなく、素顔で地元を歩いているのでしょうね。



辛坊治郎の学歴・経歴などwiki風プロフィール

辛坊治郎さんの学歴や経歴など、wiki風の簡単なプロフィールを紹介します。

・名前:辛坊 治郎(しんぼう じろう)
・生年月日:1956年4月11日
・年齢:63歳
・出身地:鳥取県米子市、埼玉県入間市育ち
・血液型:AB型
・職業:アナウンサー
・所属:フリー(*以前は読売テレビ勤務)

辛坊治郎(しんぼうじろう)さんは1956年生まれで、現在の年齢は63歳。

全国ネットのテレビでアナウンサーとしての仕事をしているだけあって、見た目は63歳には見えず非常に若いですね。

生まれは鳥取県米子市なのですがそれは2か月だけで、子供~大学進学までは埼玉県入間市で育ちます。

辛坊治郎さんの出身中学は入間市立豊岡中学校で、そこから埼玉県立川越高等学校の航空部・英語部に入学します。

この学校は偏差値は70を超える埼玉県の中でも屈指の進学校で、数多くのアナウンサー輩出していることでも有名です。

そして大学は早稲田大学の法学部ということで、やはりテレビ局の社員になれるだけの輝かしい学歴と明晰な頭脳の持ち主だったのでしょう。

実際に就職活動の時に別で受けたフジテレビでは、1300名の応募に対し最終3名まで残ったようですしね。

そして辛坊治郎さんは1980年にアナウンサーとして読売テレビに入社し、「ズームイン!!朝!」のレポーターや、「ニューススクランブル」のキャスターを務めます。

そこから報道局への異動をはさみながら、「たかじんのそこまで言って委員会」「ウェークアップ!」など人気番組の司会を任されるようになりました。

故やしきたかじんさんとの軽快で息の合った司会ぶりは、みなさんの記憶にも新しいと思います

人気アナとして不動の地位を築いたものの、2010年に読売テレビを退社してフリーアナウンサーへと転身します。

またそれと同時に、自分自身で設立したシンクタンクの「大阪綜合研究所」では代表も務めています。