【いじめで自殺未遂】山口県下関市の市立小学校はどこ・学校名は?女子児童の訴えを放置する対応ミス!



山口県下関市の市立小学校にて、女子児童がいじめによって自殺未遂をするという問題が発生しました。

なおこの山口県下関市の市立小学校は、いじめの事実を訴える児童に対して適切なフォローをせず、明らかな対応ミスをしています。

以下で詳しく見ていきましょう。

山口県下関市の市立小学校で女子児童がいじめで不登校&自殺未遂

山口県下関市の市立小学校が、いじめ被害を訴える女子児童が自殺を考えている事実を10月下旬に把握しながら約1カ月間適切な対応をせず、この児童が自殺未遂をしたことが関係者への取材で判明した。

学校は児童が自殺を図った後の今月5日、いじめ防止対策推進法に定める「重大事態」と認定。児童にけがはなかったが、現在も登校できない状態だ。

市教育委員会は「もっと早く対応できた可能性があった」と学校の対応のまずさを認めている。

学校や市教委によると、女子児童は10月中旬、校内で転倒して腕や顔を打ち、全治約2週間のけがをした。

「複数の男子に足をかけられて転んだ」と訴えたが、相手側の児童が否定したため、学校はいじめの基準で一番軽度な「日常的衝突」と判断して市教委に報告し、調査を終えた。

間もなく女子児童は「学校に行くなら死にたい」と漏らすようになり、休みがちに。

保護者によると、スマートフォンで「きれいな死に方」と検索した形跡も見つかり、担任らへ連絡した。数日後、女子児童は登校できたが、前回と同じ児童の一部と再びトラブルになった。

学校は蹴られたとする主張に対し「わざとではなかった」と結論。保護者は同日、警察にこれまでの経緯について相談した。

保護者から警察に相談したと知らされた学校は対応を協議し、女子児童の登校時は校長らが教室で授業中の様子を見守るなどの対応を決めた。

この時点で学校は、女子児童が自殺をほのめかしていることを市教委に報告したとされるが、市教委では情報共有されず、担当者は事実を把握していなかった。

11月中旬になると女子児童は学校を完全に欠席。

学校は登校するよう電話で促すなどしていたが、女子児童は今月4日、自宅でナイフを首の近くに当て自殺を図ろうとし、保護者に止められた。

市教委は翌日、心身に重大な被害が生じた疑いがある「重大事態」と認定して対応するよう学校に指示した。

文部科学省のガイドラインは重大事態について「疑いが生じた段階で調査を開始」「保護者から申し立てがあれば学校が『いじめの結果ではない』と考えたとしても報告・調査に当たる」と明記している。

校長は取材に対し、認定が遅れた理由について「欠席日数が重大事態の目安となる30日に達していなかった」と釈明。

市教委は「自殺願望を把握した時点で重大事態になりかねないと受け止めていれば、もっと早く対応できた」と認めた。

学校と市教委は今後、事実関係を再調査するが、保護者は「最初から訴えていたのに対応してくれなかった。ここまで子供を追い込んだことは許せない」と不信感を募らせる。

◇50代男性教諭の不適切指導で調査中

この学校では、50代男性教諭が同僚や児童に暴言を放つなど長年不適切な指導をしていたとして、市教委が調査に乗り出している。

(引用:毎日新聞

このニュースを見て最初に思ったのは、未遂で終わって本当に良かったということ。

そして次に、学校側の度重なる対応ミスに強い怒りを覚えました。

小さい子供が思い詰めて自分の首にナイフを突きつけるなんて、ただ事ではありません。
親御さんが気づいて止めることができたため、1つ間違えれば最悪のケースになったいた可能性もあります。

この事実を受けてやっと「重大事態」に認定されたようですが、あまりにもすべてが遅すぎます。

被害者の女子児童は今も学校に登校できないままのようですが、今後は明るい笑顔を取り戻してくれることを願ってやみません。



山口県下関市の市立小学校が犯した明らかな対応ミス

今回の報道をみると、この山口県下関市の市立小学校が行った対応には、明らかなミスがいくつもあることが分かります。

具体的に挙げると、

・いじめがあることに関して、女子児童が先生に訴えないと何も気づいていないこと

・女子児童からいじめの報告を受けたにも関わらず、相手児童が否定しただけで「日常的衝突」と軽く判断したこと

・同じ児童と再びトラブルがあったのに、「わざとではなかった」という相手の主張を一方的に聞き入れて学校側はスルーしてしまう

・いじめを受けていた子供の親御さんが警察に相談したことを受けて、やっと対応らしきものをするがやはり不適切

・11月になって児童が完全に欠席するようになっているのに、登校するよう電話で促す程度のことしかしない

このような感じですね、対応ミスというよりも学校側の怠慢・無関心といってもいいぐらいですよね。

まず一番最初の時点ですが、いじめは学校内で行われているわけですし、日常的に繰り返されていたことだと思います。

小さい女子小学生が全治2週間ものケガをしているのに、教師・担任がそれに何も気づかないというのがまず信じられません。

さらに同じいじめっ子とのトラブルが続いているのに、加害者側の意見だけを信用して何の対応もしないという愚策ぶり・・・。

もうこの時点で相談を受けた教師・先生は、いじめがあることは分かっていたと思います。

それでも事なかれ主義で見て見ぬふりをする、この対応を受けて女子児童は「学校や先生は何もしてくれない」と絶望したに違いありません。

さらに被害者の両親が不登校気味になった娘の様子に気づいて、警察に相談したことを知ってから、ようやく重い腰を上げていることにも腹が立ちます。

そしてその対応やフォローも全然納得できない形ですし、すべてがお粗末としか言いようがありません。

これはもう、「学校自体が一緒になって女子児童をいじめていた」といっても言い過ぎではないレベルだと思います。

そしてこの山口県下関市の市立小学校は、女子小学生が自殺を仄めかしている時点で、市教育委員会に報告したと書かれてあります。

情報共有が上手くいってなかったため市教育委員会の対応が遅れたようですが、そもそも本当に報告したのでしょうかね?

ここまでの杜撰な対応をする学校ですから、問題があることは知っていながら、何もしなかった可能性は十分あり得ると思いますね。



いじめがあった山口県下関市の市立小学校はどこで学校名は?

今回、いじめによって女子児童が自殺未遂に至る問題が発生した、山口県下関市の市立小学校。

この件について、「どこの小学校?」「具体的な学校名は?」と思う方もいるでしょう。

現在も調査していますが、山口県下関市にあるどこの小学校までかは判明できていません。

山口県下関市に存在する市立小学校は47校もあるので、未だ絞り切れてはいません。

またいじめによって女子生徒が自殺未遂したとはいえ、事件化はしてません。

おそらくですがニュースや新聞などのメディア上で、この下関市の小学校名が公開されることも今後ないと予想します。

ただしここまで酷い対応をしている学校ですから、子供を通わせている親御さんなどから、情報がリークされる可能性は十分あると感じています。

個人的にも許せない問題なので引き継き調査していき、学校名も含めて新しい情報が分かり次第、このページを追記していきます。



山口県下関市の市立小学校に対するネット・世間の声

私は最初に学校に相談して対応してもらえなかった段階で警察に相談します。

これは命に関わる事なので、例え世間がクレイマーだ、モンペだと思っても我慢はしません。徹底的に闘います。

勿論、加害側親の言い分もあるでしょう。だけど、それはそれです。

加害者生徒に配慮して、いつまでも問題を解決しないままにするのが問題、人に危害を加える=傷害罪で犯罪だと、子供だからこそ教えるべき。

加害者は一度隔離して、特別教室として道徳の勉強をさせるなど、反社会的人格を子供の時に矯正しなければ、ロクな結果にならない。

子供だからこそ、まだ直るかもしれないのに機会すら作らない、結局は教育がただカリキュラムに沿ってしかできてない。

いじめられて自傷行為の経験あります。今は3児の母ですが、私から言える事は逃げてもいいから絶対に生きて欲しいです。

私は辛い時期もたくさんありましたが、生きてれば必ず良い事があると信じ、頑張って生きてきました。

いじめる奴らに負けず、自分を磨いてレベルアップして見返してやって欲しいです。

親御さんが警察に出向いて相談したのは素晴らしい判断。学校は最低。

教員の資質低下はずっと言われているが、これは命に関わる事だけに対応間違えたからな。

教員の仕事が大変なのはわかるが、対応1つで自分の首を締める。

いじめのようなことを受けた側とやった側のどちらを守るべきなんだろうか。

本来、前者が優先されるのに、やはり面倒、余計な仕事、解決は当の本人たちで、この件は解決済とか思っているから、後者を優先している。

だいたい人間が大勢いれば、何件かはあるはず。全くない方が変。そんな気持ちでやってないから、勝手に結論を出す。

熱い先生が少なくなった時代になり、責任を背負うような先生もいないから、ますます放棄していくよな。

苛め側は遊び感覚で罪悪感もなく平気でいます。苛められた側は一生忘れません。

私も死を考えましたが結局行動は起こせませんでした。言えない気持ち解ります。

子供は心配かけまいと親には隠しますので見抜いて休学なり遠方に転校させてあげてほしいです。

小、中は学区で学校決まるので、進学しても同じメンバーなので終わる事はありません。
個人的には加害者側の名前公表してほしいくらいです。

もはや、子供レベルのイジメでは有りません、やった事の罪の重さを親子共々自覚させないと、ターゲットを変えるだけだし、社会人になってもやると思うし、被害は減らないと思います。

自分の子が通う小学校ですが、自分の子の担任の先生が長期休養に入ってしまいました。ひょっとすればこのまま3学期も復帰されないかもしれません。

また今回だけに限らず、この2,3年で知っているだけで2人が同じようになって離職。みんな若い先生です。

こういう状況下で生徒に充分なケアが行きわたるなんて無理です。そもそも社会人1年目で担任を持たせないといけないようなギリギリの人数で義務教育が支えられていること自体が無理だと思います。

一方的に現場の先生が悪いと決めつけるものどうなのかなという気がします。

新卒1年目の先生がいきなり担任を持つというのは今に始まったことではなく自分が子供の頃40年前も同じでした。

要するに40年教育現場の人員に関してはずっと同じ状況だということです。

もちろんこの件は先生たちの不手際でもあります。しかし本質的な問題はもっと他の部分にもあるのではないでしょうか。

いじめがあるないではなく、実際に起きた時に現実を受け止めてどう対応するのかが教師としての真価が問われる場面だよ。

大人の世界でもあるワケで起きてしまうのは教師の位置では仕方ない部分もある。

ただそこから先が真の教師の仕事なんだよ、世間と大きくズレてるのはそこら辺だと感じる

いじめ等の問題に対し、過去の件を省みても、学校及び教育委員会は全く頼りにならない。

これからは警察に相談し、いじめではなくて、事件として扱ってもらうしか子供の命は守れないかもしれない。

加害児童に聞き取りをするのは当然だけど、担任であればもう少し周りの児童からも内緒で聞き取りをしたり方法はいくらでもあったはず!!

学校側の問題にしたくないという態度からこれまで多くの命が失われてきた!!もっと真摯に向き合って欲しい!

教師の対応はまずいものだが、そもそも教師が対応すべきであるという体制に無理がある。

教師はすでにオーバーワークで、時間外手当も満足に受け取っているとは言えない。

中・高の教師の場合は部活動顧問もやらねばならず、これも無給。

そんな状態で「いじめかな?」という事案を見つけても、自分で対応するには時間も体力も無く、見なかったことにしたくなるのもわかる。

全小中高校に1人か、または地域ごとに数人単位でスクールカウンセラー等の専門員を置き、教師は報告だけすれば良い体制にすればいい。

コストはもちろんかかるが、教師の負担は何かしらでは減らしていかなくてはならないので、必要なコストだと思う。

親も先生にいじめの対応を期待するのはやめ、スクールカウンセラーや警察に言うのが良いと思う。

子供って自己主張が上手く出来なくて、昔は喧嘩という手段でそれぞれ主張しあっていた。それを大人が自分たちのエゴと都合で取り上げた。

その結果がここ数年多発的に出てきたいじめによる自殺問題。

これは決して学校という場だけの問題ではなく、先生達だけの問題ではなく、大人と呼ばれる年齢層全体の責任と問題である事を認め、改善策を全体として行わないと、絶対に解決しない問題だと思います。

我が家の娘も小学生時代にいじめられてました。学校側と何度も協議しましたが、結局校長先生も担任もいじめを認めてくれませんでした。

クラス替えで、いじめていた男子グループから離してもらえ、無事卒業できましたが、学校に対する信頼は無くなりました。

クラス替えの前の保護者懇談会で、私が名指しではなくこういう行為がこのクラスで行われています。と話ししたところ、男子グループのうち1人のお母さんが連絡をくださいました。

自宅に帰って息子さんに聞いたところ、いじめを認めてくれたそうです。他のお母さんは未だに何も言ってきません。

ここで地元の中学校を卒業し、別々の高校に進学するので、やっと縁が切れるので、ほっとしています。

学校側も子供達の様子をよく見て、早くに対応してほしいです。