佐野秀樹の顔画像やFacebookは?北海道・胆振教育局局長が日常的なパワハラと賭け麻雀!

11月15日に胆振教育局局長の佐野秀樹が、度重なるパワハラ行為と賭け麻雀を行っていたことが発覚しました。

これを受けて北海道教育委員会は、減給と1~2ヶ月の懲戒処分、図書館への移動を命じたとのこと。

このページでは、佐野秀樹が起こした騒動の概要、顔画像やフェイスブックなどについて取り上げていきます。



胆振教育局局長の佐野秀樹がパワハラと賭け麻雀で減給・移動

胆振教育局局長の佐野秀樹が起こした騒動の概要は、以下になります。

北海道教育委員会は、胆振教育局の58歳の局長が、部下を大声で叱責するパワハラや、賭けマージャンを繰り返していたとして、減給処分としたうえ更迭しました。

道教委によりますと、胆振教育局の佐野秀樹局長(58)は、去年4月から先月までの間、ミスをした部下に対して「だからお前はダメなんだ」「もうお前はしなくていい」などと必要以上に大声で叱責するなどパワハラ行為をしていたほか、20回ほどに渡り1回あたり数千円を賭けて、部下とマージャンをしていました。

マージャンは佐野局長が主導していたということです。

職員からの投書で発覚し、道教委は佐野局長を減給10分の1、2カ月の懲戒処分とし、16日付けで部下のいない道立図書館参与へ異動させました。

(引用:HTV北海道テレビ放送

佐野秀樹のような古い人間っていまだにたくさんいますよね。

部下を指導する際にミスしたことを叱るのではなく、人格やパーソナリティを全否定するような言い方をする人。

それが周囲に聞こえるぐらい大声で怒鳴りつけるなど、叱責している自分は気持ちいいかもしれませんが、それらの行為は周りからしっかりと見られています。

昭和時代なら通用したかもしれませんが今はもう令和です。会社などのコミュニティ内で様々なことに配慮するのが常識ですよね。

さらにパワハラ行為は百歩譲ったとしても、賭け麻雀は絶対にダメ。

今回は被害者が通報していないようなので佐野秀樹の逮捕もないようですが、賭けマージャンは賭博罪に当たる可能性が非常に高い違法行為です。

一般企業なら懲戒免職・一発でクビになる事案だと思いますが、佐野秀樹は減給+1~2ヶ月の懲戒処分が与えられて異動になるとのこと。

パワハラ上司に対して部下のいない図書館に勤務させるというのは、オチとしては秀逸ですが北海道教育委員会が下した処分は少し甘い気がします。

なんにせよ、このような人間が教育に携わる仕事をしていたことが問題だったのでしょう。

これからは静かな図書館で、真摯に働いてください。

佐野秀樹の顔画像やFacebookとプロフィール情報を紹介

現在、報道などで明らかになっている、佐野秀樹のプロフィールは以下のものです。

・名前:佐野 秀樹(佐野 秀樹)
・年齢:58歳
・職業:胆振教育局局長→図書館勤務
・処分:減給10分の1と2ヶ月の懲戒処分、道立図書館参与へ異動

今回は事件になっていないので、佐野秀樹の顔画像・写真は公開されていません。

今後、もし賭博容疑などによって佐野秀樹が逮捕されることがあれば、報道で顔画像を入手することができると思います。

またFacebook、Instagram、Twitterなども調査しましたが、佐野秀樹が使っているアカウントを発見することはできませんでした。

新情報が入り次第また追記しますが、年齢が58歳の昭和バリバリのパワハラ親父なので、SNSの類はやっていない可能性が高いと思います。



佐野秀樹が日常的にパワハラや賭博行為を行っていた理由について

事件ではないですが佐野秀樹が行った行為の動機・理由について考えてみました。

まずパワハラに関しては、

・立場や権威を誇示したかった

・精神的な病気や心が不安定だった

・単純にその部下が気に入らなかった

・ストレス解消のため

などがパワハラの理由になるでしょうか。

そもそも日常的にパワハラを行う人間は、それをパワハラだと自覚していないケースが多いのです。

今回の佐野秀樹も、「指導の範囲と思っていた」と供述しているようで、本人は悪いと思ってやっていないのですね。

次に賭け麻雀に関して、

・腕に自信があり部下をカモりたかった

・自由に使えるお小遣いが欲しかった

・マージャンというゲーム自体が好きでたまらなかった

・本人は仕事の延長上のコミュニケーションのつもりだった

などのような理由が上げられるでしょう。

これに関しても佐野秀樹が主導で行っていたようで、立場上、断ることのできない部下を無理やり誘っていたのでしょう。

麻雀に勝てば勝ったでうるさく言われそうですし、負けたらお金を支払わないといけないので、被害者の心情を思うとかなり苦痛だったのではないでしょうか。

佐野秀樹のような自己中心的な親父は結構いるものですが、職場で一緒になったら面倒極まりない存在ですね。



佐野秀樹についてのネット・世間の声

人の上に立つような人間の振る舞いではない。

年功序列と学歴以外にこの人の選出理由はあったのだろうか?

このおっさん、知事部局の人か教委の事務局かはたまた教員だか知らないが、こんな人が教育行政に携わっているようでは北海道の未来に希望を・・・はない感じがする。

昭和の時代はとっくに終わってんですよ、局長!

教育局長ってことは教員かな?

教員って社会人やったことなくてずっと学校の中にいるからか時々常識を知らない人がいるよね。

税金返納させ即解雇だろ。もちろん退職金なしで。

教育局長の懲戒が減給十分の一を2ヶ月じゃあ、もっとやっていいよってなもんだろ?

まずは更迭、そのうえ十分調査を尽くして最低で諭旨解雇、余罪があれば懲戒解雇が相場だろ。

いずれにしてもこんな人間が教育に関わってはいけないということ。

賭けマージャンはダメだろ。処分甘すぎ

自ら退職している職員もいるんだから あなたも罪の重さ関係なく決断すべきでは?

もうこれは病気ですね。頑固とかいうレベルじゃありませんよ。