大西達也の顔画像・Facebookが判明?京都の竜安寺に油性ペンで落書き!その犯行動機は?

11月24日京都にある世界遺産の竜安寺に、油性ペンで落書きをしたとして大西達也が器物損壊の疑いで逮捕されました。

警察の取り調べに対して、「創作意欲が沸いた」などと供述しているようです。

このページでは大西達也が起こした事件の概要や犯行動機、顔画像やフェイスブック情報などを紹介していきます。



大西達也が竜安寺で起こした落書き事件の概要

世界遺産・竜安寺(京都市右京区)の山門の内側にある白壁に油性ペンで落書きをしたとして、京都府警は24日、横浜市神奈川区の会社員、大西達也容疑者(44)を器物損壊の疑いで逮捕した。

「油性ペンで書いたのは間違いない」と容疑を認めているという。

右京署によると、大西容疑者は24日午後3時40分ごろ、竜安寺の山門から入ってすぐの白壁に、青と赤、黒の油性ペンで「我青龍 感謝朱雀 待たせたな 白虎」と落書きをした疑いが持たれている。

観光客の男性が「落書きしている人がいる」と110番通報し、駆けつけた同署員らが寺付近を歩いている大西容疑者を見つけ、逮捕した。

大西容疑者は、署の調べに「神話やSFが好きで、SF作家になりたい。創作意欲がわいたので書いた」と供述しているという。

竜安寺は枯山水の石庭で有名で、1994年に世界遺産に登録された。

(引用:朝日新聞デジタル

世界遺産に登録されていて、日本だけでなく海外の人たちからも人気ある京都の竜安寺でなんともふざけた事件が発生しました。

大西達也が書いたのは中国の神話に出てくる四神だと思いますが、「ふざけるなよ」と言いたいですね。

大西達也は「SF作家になりたい」など供述しているようですが、自分の頭の中だけにしてくれという感じです。

以下ではあまりにも幼稚で許しがたい事件を起こした、大西達也について取り上げていきます。



大西達也のプロフィールと顔画像やFacebook

ニュース等で知り得ることのできた、岡原和也のプロフィールはこちらです。

・名前:大西達也(おおにし たつや)
・年齢:44歳
・住所:横浜市神奈川区
・職業:会社員
・逮捕理由:器物損壊の疑い

大西達也は年齢が44歳の会社員です。

神奈川在住とのことなので、休日を利用して京都に訪れたのでしょう。

歴史の古い京都には無数の観光名所がありますが、その中でも竜安寺は有名なので、大西達也も前々から興味を持っていたのでしょう。

それにしても44歳で「SF作家になりたい」とか言い、恥ずかしい落書きをするなんて普通ではありませんね。

次に大西達也の顔画像ですが、今まで報じられているニュース等で写真などは明かされていません。

再犯防止につながると思うので、顔画像を公開してもらいたく思いますが、今回のケースでは可能性は薄いかもしれません。

また大西達也のSNS関連についてですが、フェイスブック・ツイッターインスタグラム周りを調べました。

ですが「大西達也」は結構ポピュラーな名前なので、SNSでも同性同名でたくさんの人がヒットし、アカウントの特定はできませんでした。

Facebookには同じ名前と住所でケーキ職人や医者などもいましたが、落書き事件を起こした犯人の大西達也は会社員とのことなので別人ですね。

引き続き調査していくので、何かわかり次第情報を追加していきます。



大西達也の犯行動機は?世界遺産・竜安寺に落書きした理由とは?

大西達也の犯行動機ですが、警察の取り調べにおいて「創作意欲がわいた」と供述しています。

なので犯行に至った理由は、大西達也の中で芸術魂が沸いたということになるのでしょうかね。

多くの人が集まる世界遺産で、自分の才能を発揮してそれを見てもらおうとか。

なんにせよこんなものは芸術作品なわけがないですし、あまりにも精神的に幼いですよね。

そう考えると言葉は悪いですが、いわゆる中二病だったのではないかと。

今回落書きに用いていた4神というのは、漫画・小説・ゲームなどにも出てきたりしますしね。

「青龍」「朱雀」「白虎」ときて、なぜ「玄武」だけ省かれているかは不明ですが、「待たせたな」というセリフも、いかにも中二病っぽいです。

大西達也は普段から頭の中に妄想を描いており、それが今回表に出たのだと推測します。
あとニュースを見て感じたのは、もしかしたら大西達也は最初から落書きする計画を立てていたのではないかということ。

観光目的で行っているのに、油性ペンを持ち歩くなんてかなり不自然だからです。

しかも今回の犯行では、青・赤・黒と3色のペンを使ったようなので、計画的犯行の可能性はさらに高くなると感じています。

だとしたら今回の件だけでなく、他にいろいろな場所で落書き行為を働いている可能性もあると思います。

美しい世界遺産に落書きしたことはもちろんですが、他にも余罪がないか追求し厳罰に処してもらいたいと思います。

大西達也についてのネット・世間の声

ガキがしつけされずに大きくなるとこういうことするのかと。言い訳も動機も子供じみている。

せめてメモ帳位用意して、そこの存分に書けばよいかと。

本人は歴史的建造物に相応しい良い事書いたつもりかもしれないけど、四神とか、中二病患者は好きだよね…というレベル。

作家志望の友人いるけど、スマホとは別の小型のタブレットを常に携帯し、浮かんだり気になった事を書いてる。

この男性も、紙と筆やスマホにかけば良いのに…

なにがしかの賞とって初めて、小説家を名乗れると思います。それまではただの物書きが趣味の人。

この男性がSF小説家になるのはいつでしょうかね

紅葉で混み合っている京都の有名な寺の午後3時40分、に人目もはばからず白壁に落書き。

変と言うより、ちょっと怖い。直接注意しないで警察に連絡して正解だと思う。

意味不明な人が増えましたね。

ご自分の部屋の壁に思う存分描いてください。

情けない。世界遺産と自分の落書きの価値の違いがわからないとは!

もし万が一、将来に大ベストセラー作家になったとしても、世界遺産への落書きは許されるものではないでしょうね。

玄武は?

とりあえず落書きした一文には安っぽさしか感じなかったかな

書いた言葉が40歳代にしてSF作家目指していて、ただの厨二病。

説なり美術なり芸術を志す人間が、文化遺産を傷付けるって段階で、もう有り得ない。

創作意欲って、恥ずかしくないのか?

身内も可哀想な事件だよ。

書かれた内容を読んで恥ずかしくなった。

自分が小学生の頃に描いたイラストを見た様な情けない気分だ。

発表するなら決められた場で勝負なさい。

どんな44歳か顔が見たい。写真を載せて欲しかった。

捕まらないから増える。警察の捜査にも問題があるんかな。落書き犯は罪としては低いからですかね。

創作意欲湧いたら原稿用紙に書くだろ、普通。人生後半なのに、本当にダメな人間。

本人改心の出来で世界遺産にふさわしいと思ったんだろうな…

こんな歳にもなってこんな駄文しか産み出せないとか可哀相。

「待たせたな」

誰も待ってない状況下での「待たせたな」はほんと哀れ

自分の落書きがバンクシーみたい値打ちが出るものだと妄想しながら書いてたのだろうか?

とにかく文才ないので諦めたほうがいい。