緒方チサ子の顔画像・Facebookは?会社金庫から26年間横領・着服し続けた元パート

現金30万円を着服したとして業務上横領の疑いで、66歳元パートの緒方チサ子が逮捕されました。

この30万円に限らず、緒方チサ子は26年間という長期にわたって何度も横領を繰り返していたようです。

このページでは緒方チサ子が起こした事件の概要や犯行動機、また顔画像やフェイスブックについてなどを取り上げていきます。



緒方チサ子が起こした事件の概要

パートとして働いていた会社から現金30万円を横領したとして、66歳の女が業務上横領の疑いで警察に逮捕されました。

警察によりますと、筑後市長浜のパート、緒方チサ子容疑者(66)は2013年、当時働いていた筑後市の製造業の会社の金庫から、現金30万円を着服し横領した疑いがもたれています。

緒方容疑者は去年1月にこの会社を辞めていますが、その後、社長が金が無くなっていることに気づき、発覚しました。

緒方容疑者は1992年からおよそ26年にわたり、1人で金庫の管理を任されていて、警察の調べに対し「金額や時期は覚えていないが、何度も金を横領した。子どもの仕送りなどに使った」と容疑を認めています。

警察は、事件の全容解明に向けて調べる方針です。

(引用:九州朝日放送

パート社員が26年間にも渡り会社のお金を定期的に横領し続け、それが今回は発覚したとのこと。

被害者の会社やその社長を悪く言うつもりはありませんが、このニュースを見た率直な感想は、「ちょっと杜撰すぎない?」ということ。

1人の従業員に金庫の管理を任せきりにしていたぐらいですから、小規模な製造業の会社だとは思います。

また横領以外の働きぶりで、緒方チサ子が社長や社員から信頼を得ていたのかもしれません。

ですが、いくらなんでも気づくのが遅いと思います。

そして緒方チサ子ですが、犯した罪に対して裁きを受けるのは当然、今まで横領・着服したお金は通常会社から返金請求されます。

盗った額を本人も把握してないぐらいなので、総額は恐ろしい額になることが予想されますが、今後どんな展開になるのでしょうか。



緒方チサ子のプロフィールと顔画像やFacebookは?

流れているニュースから知りえる、緒方チサ子のプロフィールは以下のような感じです

・名前:緒方 チサ子(おがた さちこ)
・年齢:66歳
・職業:製造会社の元パート
・住所:筑後市長浜
・逮捕理由:業務上横領の疑い

26年間会社のお金を盗み続けたとのことなので、緒方チサ子が40歳の頃には製造会社に入社していたことになりますね。

そして緒方チサ子の顔画像ですが、まだ正式に公開されておらずネット上にもそれらしき写真は上がっていませんでした。

今回の事件に関して、警察は全容解明に取り組んでいるとのことなので、余罪などで顔画像が公開される可能性はあるでしょう。

また緒方チサ子のSNS情報ですが、ツイッター・フェイスブック・インスタグラムなどを調べましたが、アカウントの発見はできませんでした。

緒方チサ子は年齢が66歳ということで、SNSの類はやっていない可能性が高いでしょう。

ただしこの事件については今後もリサーチを続けますので、顔画像・フェイスブック・ツイッターなど、新しい情報が入り次第追記していきます。

緒方チサ子の犯行動機は?なぜ会社のお金を横領し続けたのか?

緒方チサ子はなぜ横領したのか、その犯行動機・理由について考察すると、やはり「お金が欲しかった」に尽きると思います。

取り調べでは「子どもの仕送りなどに使った」と供述しているようで、お金に余裕のある家庭ではなかったかもしれませんね。

自分の私腹を肥やすためというよりは、子供や生活のために犯行に及んだと予想します。ただし決して許される行為ではありません。

またバレることもなければ、疑われることもないという状況が、緒方チサ子の犯行に拍車をかけたのでしょう。

おそらくですが一番最初の犯行に及ぶ前は、「社長や会社にもうしわけない」という葛藤や、「バレたらどうしよう?」という気持ちを持っていたでしょう。

ですがここ数年ぐらいは、会社の金を着服することが緒方チサ子にとっては日常だったと推測します。

これに関して、「金額や時期は覚えていないが、何度も金を横領した。」と本人も言っています。

普通に罪の意識を持っていれば覚えているものだと思うのですが、回数や金額が本人も見当がつかないくらい、当たり前の行為になっていたのでしょう。