【体罰教師】箕島中学校の柔道部顧問は誰で名前や顔画像は?38歳男性教諭が部員生徒をプラスチックバットで殴打



和歌山県の有田市立箕島中学校の柔道部顧問が、生徒に体罰を行った件がニュースで報じられています。

体罰を行った生徒を個別に武道場へ呼び出して、プラスチックバットで殴打したとのことです。

このページでは箕島中学校の柔道部顧問は誰で名前や顔画像についてと、事件の概要などを紹介しています。

和歌山県有田市立箕島中学の柔道部顧問が部員に体罰を起こす!

和歌山県有田市立箕島中の柔道部顧問の男性教諭(38)が、部員の中2男子生徒の顔面をプラスチック製バットで複数回殴打する体罰を加えていたことが28日、市教育委員会や同校への取材で分かった。

教諭は今月下旬から部の指導を外れている。同部は全国大会に出場したことがある強豪。

市教委などによると、15日の朝練で生徒を個別に武道場に呼び出し、プラスチック製バットで両頬などを複数回殴った。生徒は唇の下を切るけがをした。

同日午前に教諭が校長に申告、生徒の保護者に電話で謝罪した。

教諭は学校の聞き取りに「駄目だと分かっていたが手を上げてしまった」と話している。

(引用:共同通信

有田市立箕島中学校の柔道部顧問が、中学2年生の部員顔面をプラスチックバッドで殴打したとのこと。

昔と違って学校教育における体罰には、かなり厳しい目が向けられている中で起こった出来事です。

体罰を行った教師側にも理由はあったのでしょうが、だとしても生徒の顔をバットで殴るというのは許されることではないと思いますけどね。

実際に暴力を振るわれた生徒は下唇を切っているようですし、子供とはいえどかなりの恐怖と屈辱的な気分になったと思いますね。

あとは柔道部の顧問がなぜプラスチックバットを持っているのかという点も、個人的には少しひっかかりましたね。

日常的に暴力を振るうためにバットを持参しているとなったらこれはさらに問題ですし、他の生徒に対しての体罰が出てきてもおかしくありません。

この箕島中の柔道部顧問は、中学生に手を挙げたことを自分から申告して謝罪を済ませているようですが、学校側はどのような対応をするのでしょうか?

引き続き追って調べていきたいと思います。



体罰を行った箕島中学校の柔道部顧問は誰で名前と顔画像は?

今回プラスチックバットで生徒の顔を殴打した、箕島中学校の柔道部顧問が誰で名前と顔画像について気になる方もいるでしょう。

ニュースで報じられているのは「38歳の男性教諭」というだけで、名前や顔画像の公開はされていません。

被害者の生徒が刑事告訴をして傷害事件となったら話は別ですが、今のところそんな感じではなさそうなので、加害者である先生の名前・顔画像が報道されることもなさそうです。

では箕島中学校の柔道部顧問は一体誰なのかですが、これについてネットで調べてみると「おそらくこの人物で特定かな?」というのは掴んでいます。

というのもこの和歌山県有田市立箕島中学校はスポーツが盛んな学校のようで、特に柔道部は全国大会にも出場するぐらいの強豪校のようですね。

2018年には、柔道の国際大会に出場するような選手も輩出しています。

その時に報じられたニュースにて顧問の名前や顔写真も載っていて、現在の年齢が38歳というのも合致しています。

ただし2020年現在の顧問かどうか100%確証が持てる情報ではないので、このサイトでは掲載するのは止めておきます。

気になる方はグーグルの画像検索結果のリンクを載せておくので、そちらから確認してください。

→「箕島中学校 柔道部顧問」



箕島中学柔道部顧問の体罰問題に対するネットの声・感想

教育的指導にしては行き過ぎる行為です。

生徒、顧問双方がら、詳細を聞かなければならないが、顧問がプラスチックバットを持っていることからも、こんな指導は状態化していたのかもしれない。他にこんな例がないかも調べたほうがいいと思います。

うちの方の中学では朝練禁止になりました

部活が全てじゃないのに強い部活の顧問はそれを全てのように押し付けてきますよね

私が中学生の頃は、体育着忘れたら担任から強烈なげんこつ、反抗したら飛び蹴りを喰らっていたが、誰も疑問を持たなかった。

今だったら間違いなくヤフーのトップだろうな。

教育は鎖のよう。自分が若い頃に上の年代の(前時代的な)教育方法を受ける。

それが本人の基礎になって「私の頃はこうだった」というかたちになり、次の世代へと同じことをする。もちろん反面教師と受け取り見直す人もいる。

時代に合わせて感覚をアップデートしないと若くても老害になる。

強豪校だと、顧問、生徒、保護者も好成績を求めるため勝たせたいと思うと、場合によってはこうしたことは起こりやすい。

勝てば官軍で、顧問教師も校内での存在感も増すし、半分サービスとして指導するのも難しいなぁ。

勝てなくなれば、やはらあの顧問じゃ、と囁かれるだろうし。

まず指導の場に、竹刀、バット、ピコピコハンマー等を置かない事ですね。

謝罪すれば許されるものではありません。学校及び教育委員会がしっかり調査して欲しいです。

私の場合は私立高校で謝罪はおろか暴力では無いと証拠隠滅及び自分たちの不利益、責任にならない展開に誘導、弁護士を付けて裁判して下さいというブラックスクールも実在します。

私立高校は教育委員会が無いのを良いことに生徒や保護者に不適切な対応とる学校もあります。当然裁判をするつもりです。

このような学校に行かないことを切に願います。

こういう指導者がいるから「柔道」のイメージが悪くなる!せっかく末端の私達が「柔道=暴力」のイメージを払拭しようと日々子ども達に向き合い頑張っているのに、何で軽率な行動を取るのか理解出来ない。

手を挙げたくなる気持ち、どうしても伝わらない気持ちとの葛藤はわからなくもないが、感情に任せた暴力は私は認めない。

このケガした生徒たちが、もう二度と柔道をしたくない!やりたくない!って気持ちになったら、私は本当に心から悲しいと思う。どうか浅はかな指導者のせいで柔道を嫌いにならないで欲しい。

ケガと心の傷がどうか1日でも早く良くなりますように。

普通に傷害事件として立件すれば?

個別に呼び出し、凶器持参、計画的犯行じゃん。

今までも体罰は禁止だと言われてる事は教師は認識していたと思うが、顔面を物で殴打なんてあり得ないだろう。

即担当外して謹慎させないとダメ、教師として勤めちゃだめだわ、殴打するにしても尻を殴打するとか思考能力ないなら教師外れるべき。

顔面殴打で負傷させたなら傷害事件として立件していいんじゃないか。

暴力使わないと指導できない。コーチングスキルの問題。

付人への暴力でクビになった力士が「暴力を使わない指導方法を教わっていない」と愚痴を言っていたが、実際そうなんだろう。

相撲界に暴力の無い指導方法を教えられる人材などいない。

相撲界だけでなく日本中の指導者、親達もみんな手探り状態。

この柔道部顧問のように先人達(先生や先輩)をお手本にすれば、下手すれば刑事事件になる。日本人はみんなお手本無しでやるしかない。

プラバットでやっちゃうのはダメだよ。勿論ハリセンとかでもね。

柔道部なんだから、技量格上の生徒もしくは顧問自らが相手になって乱取り10本とか特訓を課すくらいにしないと。

顧問自らも汗だくで一緒に取組む事で、こんなに真剣に君を思って指導してるんだっていうのが指導される方にも伝わるんだけどなぁ。

楽して言い聞かせるだけの姿勢では、なーんにも伝わらない。