増野直人の顔画像やFacebookが判明?一方的な言いがかりで傷害&強盗【新宿歌舞伎町】

新宿歌舞伎町で面識のない男性の顔を殴ってバッグを奪ったとして、強盗傷害の疑いで増野直人が逮捕されました。

調べによると、増野直人は自分から足をひっかけて言いがかりをつけた上で事に及んだようです。

このページでは増野直人が起こした事件の概要や犯行動機、顔画像やフェイスブック・ツイッターなどSNS情報を紹介していきます。



増野直人が起こした傷害容疑の概要について

今年4月、新宿・歌舞伎町で歩いていた男性の足をわざと引っかけ「体がぶつかった」と脅し、顔を殴って重傷を負わせたうえバッグを奪ったとして、男2人が警視庁に逮捕されました。

強盗傷害の疑いで逮捕されたのは、新宿区歌舞伎町の無職・増野直人容疑者(30)ら2人です。

2人は今年4月、新宿区歌舞伎町を歩いていた面識のない男性(32)を「体がぶつかった」と脅して顔を殴り、鼻の骨を折る重傷を負わせたうえ、男性のバッグを奪った疑いがもたれています。

警視庁によりますと、2人は男性の足をわざと引っかけ、「殺すぞ、調子に乗るなよ」と言いがかりをつけたということですが、いずれも「覚えていない」と容疑を否認しています。

(引用:TBS系(JNN)

この増野直人の事件ですが、被害者の方には1ミリも落ち度がなく、やっていることがめちゃくちゃすぎて、強い憤りを感じますね。

顔面をかなり強く殴打されて鼻の骨が折れ、さらに持っていたバッグを奪われれてしまったようです。

このニュースを見て、なんというか手馴れている気がするというか、初めての犯行ではないように思えるんですよね。

もし本当に体がぶつかったことで喧嘩に発展したとしても、カバンを取るなんてやはり普通ではありません。

やり口からして増野直人は半グレ団体に所属していたり、暴力団関係者の可能性があると思うので、余罪も含めて徹底的に捜査してもらいたいところです。



増野直人の顔画像やFacebookとプロフィール情報を紹介

現在までで明らかになっている、増野直人のプロフィールは以下になります。

・名前:増野 直人(ますの なおと)
・年齢:30歳
・職業:無職
・在住:新宿区歌舞伎町
・逮捕理由:強盗傷害の疑い

次に増野直人の顔画像はこちらです。

この画像は、増野直人が強盗傷害の容疑で警察に連行されていった時のものですね。

人を見かけで判断してはいけないとは思うのですが、やはりヤバそうな雰囲気は出ているというのが正直な感想です。

そして増野直人のSNS情報ですが、フェイスブックとツイッターにてそれっぽいアカウントを見つけはしました。

新宿区在住で、逮捕時と同じような髪型の写真を上げていることで共通点があり、増野直人である可能性は高いと思います。

ただし100%本人かどうかの確信までは持てないので、ここでは伏せさせてもらいます。

検索結果を載せておくので、興味のある方はそちらから確認して下さい。

→「増野直人 フェイスブック」の検索結果

→「増野直人 ツイッター」の検索結果



増野直人の犯行動機は一体何?強盗傷害をした理由は?

増野直人が起こした強盗傷害の犯行動機ですが、これは最初から金を取るためだったと推測します。

自分たちから足をひっかけてイチャモンを付けているわけですから、最初から暴行してカバンを奪う目的だったのでしょう。

そしておそらく被害者の顔や体格を確認した上で、「自分より弱い」と判断したからこそ喧嘩をふっかけたのでしょうね。

そう思うと、やはり常習犯のような気がしてならないのは自分だけでしょうか?

また増野直人は容疑に対して「覚えていない」と否認しているようです。

「やってない」ではなく、「覚えてない」なんですよね。

これは起こした事件に対してしらばっくれてるのではなく、どの件だったか分からないぐらい心当たりがありすぎるという可能性も考えられます。

下手なことを言ってしまって、別件逮捕されるのを避けるために「覚えていないと」言っているのではと邪推してしまいますね。

新宿歌舞伎町は確かに危険なイメージもありましたが、昔と比べて最近はかなりクリーンになっていたと思います。

ですがこのような事件がまた頻繁に起こるようなら、善良な一般市民が安心して歩くことができないので、厳しい対応を取ってもらいたいです。

増野直人についてのネット・世間の声

余罪があるはず。こういう人間は社会から退場させて欲しい。

昨今は善良な市民の皮をかぶった迷惑な大人が増えてきたと感じる。自分さえ良ければ良い人間が多いように感じる。

もう少し他人や周りへ配慮できる余裕があれば、もっと皆が豊かに過ごせるのにと思います。みんな余裕ないのかな。

歌舞伎町の警察がよく動いたな。普段から何もしないのに。

犯罪に見合った刑罰ではないのが問題なんだと思う。やったら「人生終わり」じゃないと、被害者が不運過ぎる。

「外道の歌」で良い。

サングラスとかピアスをしてなめられないような外見にすることも大事だと思う。

被害者の痛み等をどれほど感じて判決を出すのだろう。

少なくても、求刑より絶対に1年たりとも下げてほしくない。

バブルの頃、親不孝通りの裏路地に因縁吹っ掛けてカツアゲしてる連中がけっこういました。

最近は、見ないですけど。歌舞伎町には、今でも居るんですね。

昭和のマンガで見たようなシノギをなぜ今やるのか。

上から命じられた懲役仕事から逃れるためにわざとションベン罪でしょっぴかれたのか?
こうした奇妙な、わざと捕まりたがっているようなチンピラが出現する際、警察は取締を強化したほうがいい。

手口がカッコ悪いです…

見るからにヤバイ人が前から来たら、道の端を歩いてるんでしょね

如何にも捕まえてくださいと言ってる様な髪型してますね。

人も、メガネか何かに、ドラレコみたいにしないとダメな時代に突入してきたな。

貧富の差が出てきたら、海外と同じ治安になる。