木付琳(きつきりん)の姉は元乃木坂の衛藤美彩?出身高校・中学など経歴とプロフや成績・記録などを紹介

国学院大学2年生の木付琳さんが、今話題になっています。

顔がイケメンなのでただでさえ注目されやすいのに、姉は元乃木坂の衛藤美彩という評判が流れているからです。

このページでは木付琳さんに関するそのあたりの噂や、出身中学・高校などの経歴と駅伝での成績・記録などを取り上げていきます。

木付琳のプロフィール

箱根駅伝の復路における、国学院大学の秘密兵器といわれている木付琳さん。

可愛らしい顔立ちをしたイケメンランナーとしてはもちろん、粘りのある力強い走りが一部の駅伝ファンから高く評価されているようです。

そんな木付琳さんの簡単なプロフィールはこちらです。

・名前:木付 琳(きつき りん)
・年齢:20歳
・生年月日:1999年7月17日
・出身地:大分県大分市
・身長:168cm
・体重:51kg
・特技:カラオケ

木付琳の出身中学・高校など今までの経歴は?

まず木付琳さんの出身中学は、「大分市立上野ヶ丘中学校」です。

子供の頃から陸上をやっているわではなく、中学時代は野球部に所属していてポジションは投手とショートを守っていたとのこと。

野球でこの2つのポジションを任されるということは、おそらくですが中学の時からずば抜けた運動神経の持ち主だったのでしょう。

そして陸上部ではないものの、たまたま助っ人として出場した駅伝で活躍。

それがスカウトの目にとまり、強豪の大分東明高校から勧誘を受けることになったそうです。

木付琳さんはその誘いに従って大分東明高校に入学し、そこで初めて競技としての陸上を本格的にスタートさせます。

成績や記録は後述しますが、高校入学後は持ち前の運動神経やセンスを生かしてメキメキと頭角を出し、3年時には大分東明高校駅伝部のキャプテンを務めるまでに成長。

そして2018年、国学院大学経済学部に入学します。

木付琳の駅伝での成績・記録は?

木付琳さんの成績や記録について、全国高校駅伝では2年時に2区を走り区間7位、3年も2区を任され区間18位。

ちなみに木付琳さんが走った2016年・2017年の全国高校駅伝で、大分東明高校はどちらの年も総合4位に入賞しています。

そして国学院大学に入ってからは、股関節痛などの故障に悩んで1年生時にはなかなか走ることができなかったようです。

懸命のリハビリで故障を完治させてからは、9月に行われた1万メートル記録会において、自己ベストとなる「29分38秒64」をマークします。

ちなみにそれまでのベストは「31分30秒91」なので、約2分も記録を更新したことになります。

そして2019年12月1日に開催された熊本甲佐10マイルでは、約16.1kmの距離を走って記録は47分33秒で全体の4位、学生では2位という好成績です。

木付琳の姉は元乃木坂の衛藤美彩って本当?

木付琳さんの姉は、元乃木坂46の衛藤美彩さんと噂され、一部では評判になっているようですね。

詳しく調べたところ、それは事実でした。

姉は元スーパーアイドルで、弟は箱根駅伝を走る期待のアスリートなんて凄いですね!

衛藤美彩さんがインスタグラムに、弟の木付琳さんとの2ショット写真を上げると、「イケメン」「美男美女」と一時期話題になったようです。

その時の捨身がこちらです。

特に目が似ていますよね、綺麗な目元をしているのが家系の特徴かもしれません。

姉の衛藤美彩さんは年齢が26歳で、木付琳さんとは6つも年が離れているのですが、一緒に外出してソフトクリームを食べるあたり、兄弟仲がすごい良さそうですね。

大学入学時に大分から上京した時には、寮にも付き添いで来てくれたそうです。

また木付琳さんに対しては家族全体で応援しているようで、箱根駅伝に本人が出場しても・しなくても、総出で国学院大の応援に駆け付けるとのことです。