北原宏明の顔画像・Facebookは?借りたレンタカーをお客に貸して詐欺で逮捕|京都府宇治市の自動車販売会社



京都市伏見区にて借りたレンタカーを会社のお客に貸したとして、元自動車販売会社会社員の北原宏明が逮捕されました。

お客から金を受け取ったにも関わらず納車できなかったので、同じ車種のレンタカーを貸したようです。

このページでは北原宏明が起こした事件の概要や、顔画像・フェイスブックなどSNS情報を解説します。

北原宏明が起こした事件の概要について

レンタカーをだまし取った疑いで京都の自動車販売会社の元社員の男が逮捕されました。

男は客に車を納車できず、レンタカーを代わりに渡していました。

京都府宇治市の北原宏明容疑者(36)は今年2月、京都市伏見区のレンタカー会社で、車を1台借り、そのままだまし取った疑いがもたれています。

警察によりますと、北原容疑者は当時自動車販売会社社員で、客から金を受け取りながら納車できなかったため、同じ車種のレンタカーを「納品まで使って欲しい」と言って代わりに渡したということです。

車が納入されないことを不審に思った客がレンタカー会社に相談し、犯行が発覚しました。

警察の調べに対し、北原容疑者は、「人に貸すつもりだったが、レンタカー会社をだますつもりはなかった」と容疑を一部否認しています。

(引用:関西テレビ

元自動車販売会社の北原宏明による、詐欺事件が発生しました。

逮捕されたのはレンタカー会社に対する詐欺容疑ですが、騙されたお客側も申告すれば詐欺になる可能性が高そうですね。

以下では、今回逮捕された北原宏明についての詳細を取り上げていきます。



北原宏明の顔画像は?FacebookなどSNSとプロフィールを紹介

報道やニュースで明らかとなっている、北原宏明のプロフィールは以下になります。

・名前:北原 宏明(きたはら ひろあき)
・年齢:36歳
・住所:京都府宇治市
・職業:自動車販売会社の元社員(現在は不明)
・逮捕理由:詐欺の疑い

北原宏明は年齢が36歳で、京都府の自動車販売会社に勤務していました。

おそらくは今回の事件を受けて辞職したと思いますが、事件を起こしたのは今年の2月なので、それ以降に退職したということです。

逮捕された北原宏明かどうかは分かりませんが、一時期話題をさらった「破産者マップ」の名を変えた「Monster Map」にて、

同性同名で、京都府伏見区の人物が載っていました。

Monster Map

その情報によると2017年12月5日に破産しているとのことですが、どうなのでしょうね?

勤務先が住所と同じ伏見区で、今回の事件内容も踏まえて、個人的には同一人物である可能性が高いと思っています。

次に北原宏明の顔画像ですが、ニュースなどでは明らかにされていません。

また警察による写真公開もいまのところないので、どのような顔で姿・形をしているかは不明です。

そしてSNS関連情報ですが、ツイッター・インスタグラム・フェイスブックなどには該当アカウントは見つからなかったです。

Facebookには同性同名でプロフィールに自動車の写真を使っているアカウントもありましたが、逮捕された本人かどうかまでは分かりませんでした。

これらSNSと顔画像などの情報は引き続き調べていき、何か新しいことが分かり次第、追記していきます。



北原宏明の犯行動機は?なぜレンタカー会社に詐欺行為をしたのか?

北原宏明の犯行動機ですが、報じられているニュースでは、

「人に貸すつもりだったが、レンタカー会社をだますつもりはなかった」

というようなことを、供述しているようです。

現在取り調べ中なので真実は分かりませんが、ここから推測できることは、「その場しのぎとして犯行に及んだのでは」ということ。

つまり顧客から預かった自動車購入代金を、個人的に使用してしまったのではと予想しています。

おそらくはギャンブルや別の借金返済に使い、納期までお金を作ることができなかったため、時間稼ぎとして借りたレンタカーを渡したと推測します。

ここで先ほど述べた、破産者が載っている「モンスターマップ」を思い出してください。

2017年に破産したのが、今回逮捕された北原宏明かは確定していませんが、かなり真実味があると思いませんか?

もしかしたら身の丈に合わない消費を繰り返し、破産してしまうような浪費癖があったのかもしれませんね。

また破産した人間とは別人物だとしても、誘惑に負けたか経済的に困窮していた故の犯行だと思います。

事の真相は警察によって明らかとなるので、進捗は随時チェックしていきます。

あとは補足ですが、今回の事件のように自動車営業マンがお客のお金を着服するケースは意外にあるようです。

なので直接現金を手渡しするような店舗では、絶対に車を買わない方が良いと思いました。



北原宏明についてのネット・世間の声

ちょっと意味がわからない

横領したの?してないのにただ納車遅れるからとレンタカー出したの?

レンタカーはどういう契約だったのか

まあおそらくは車両代使い込んで自分名義で借りたレンタカーを又貸ししてそのまま放置ってとこだろうけど記者は新人か?

自動車をメーカーに発注してれば詐欺じゃないけど逮捕されたってことは発注すらしてなかったんでしょうね。

車が来るだけまだましです。逮捕されてよかったです。

私は新車を買い、新車はおろか代わりの車さえも納車されなかった。まだローンが残ってます。何百万円をどぶに捨てたようなものです。

警察は被害届は出せないと。なんでだ。同じ手口で数十件の余罪もあるのになんで捕まえてくれないんだ。

熊本在住。警察って組織はなんのために存在してるか疑問。

小さな中古車屋に前金で全額払うのは怖いですよね。

次の日にはドロンとか普通にありそうで。

最近はディーラーでも車検代の纏まった現金すら受け付けない。カードでもいいし、手数料引いていいから振り込みにして欲しいと言われる。

現金を扱うというリスクを極力避けている。

車両代を着服し、ギャンブルや遊びに使っていたバカの場合もあるが、もっと闇がある場合もある。

自分で車を購入し、買取店に持っていくようなことも普通にまだある。表向きにはなくなったことになっているが。

自転車操業になったきっかけが、そういうことの繰り返しでということもある。

正直、真っ当な仕事をしている営業マンなら現金持って来られるのはむしろ迷惑。

入金も領収書書くのもめんどくさいんです。振込でお願いしますと言うのがが普通。

現金でお願いしますというやつは怪しいと思ったほうがいい。

元ディーラー勤務だけど自分は車の代金の500万円以上を現金でお客の家で預かった時、営業所に帰るまでの道のりが自転車だった時は誰かに盗られたり、襲われやしないかと不安で早く手放したい一心で全速力で走って帰ったけどなあ。

自分の物でもない大金を持っている事が嫌で仕方がなかったなあ。

これ、ディーラーの規模や位置づけによっては、車を購入した客は買った車も納車されず代金も戻ってこない事態になりそう。

本当にこういうときは“やられ損”になる。

顧客に対する詐欺じゃなくて、レンタカー会社に対する詐欺容疑なのね。

しかし、レンタカー会社が顧客が問い合わせるまで気づかなかったということは、まだレンタル期間中でレンタル料金はきちんと払ってたんじゃないの。

納車する予定がないのに納車すると嘘をついて返金しなかった顧客への詐欺で立件した方がいいんじゃない。

車の業者専門オークションは、それなりの条件をクリアしないと参加できませんが、コネだったり昔取った杵柄で業者オークションに出入りできる人がいます。

そういう人たちが、業者オークション仕入れ代行業をしてます。

それ自体どうということはありませんし、代行業者に頼むと、自分の提示する条件に限りなく近い車を、店頭で買うより遥かに安く買えることがあるのも事実です。

ただ、前金(仕入れ金)渡すパターンは、渡した途端に飛ぶ人もいれば、別の用途に使い込みをする人もいて当然リスキーですから、やはり要注意です。

着服ではなく納車できずってのがよくわからんな。

新車だと、量産モデルならメーカーからの納期を顧客に伝えるだけで良いと思うのですが。

生産台数が決まってる特別な車を安請け合いして確保できなかったって事か?

それとも中古車?レアな車だと探すのに時間がかかるだろうけど、それなら顧客も自覚が有るだろうし…