県立川崎高校に爆破予告の犯人は誰で名前と顔は?校舎を爆破するとの手紙が学校に届く!



2月10日昼頃「校舎を爆破する」という内容の手紙が、県立川崎高校に届いて話題となっています

予告を受けてから学校敷地内を調査したところ、不審物は見当たらなかったようです。

ここでは、県立川崎高校に届いた爆破予告に関する情報を取り上げていきます。

県立川崎高校に「校舎を爆破する」との爆破予告の手紙が届く!

10日午前11時半ごろ、川崎市川崎区渡田山王町の県立川崎高校に、校舎の爆破を予告する内容が書かれた手紙が届いたのを職員が発見した。

同校は学校敷地内を調べたが、不審物は見つからなかった。

同校からの通報を受けた川崎署が威力業務妨害容疑などを視野に捜査している。

同校によると、安全が確認されたため、この日は通常通り授業を実施したという。

(引用:カナロコ by 神奈川新聞

2月10日、県立川崎高校に爆破予告の旨が書かれた手紙が届いたようです。

知らせを受けて学校敷地内を調べてみると、爆弾などの危険物は見当たらなかったとのこと。

それにしてもこの爆破予告をした犯人は、いったい何が目的だったのでしょうか?

県立川崎高校に通学している生徒達は恐怖を感じたでしょうし、実際私がその立場だったら、何もなくても学校に行くのをためらうぐらい不愉快な思いになるでしょう。

なにはともあれ、生徒や学校関係者に事故や怪我などがなかったことは幸いですね。

県立川崎高校に爆破予告の犯人は誰で名前と顔は?

では県立川崎高校に爆破予告の手紙を送り付けた犯人はいったい誰で、名前や顔画像は判明しているのでしょうか。

これは残念ながら川崎署が威力業務妨害容疑で捜査を進めており、未だ犯人は逮捕されておらず名前や顔写真などはありません。

川崎市では今年に入って、同じような爆破予告が発生しています。

先月1月のことですが、川崎市にある交流施設「川崎市ふれあい館」に爆破予告のはがきが送られてきました。

これら2つの事件が関連性はないのかもしれませんが、もしかしたら県立川崎高校の犯人と同一人物の可能性もあるかもしれませんね。

誰がやったかは分かりませんが、このような爆破予告事件は過去にもたくさんあり、それらの犯人のほとんどが、ストレス解消やいたずら目的であることが多いです。

本当に爆発物を仕込むわけではないので、あまり罪の意識はないかもしれませんが、捕まってしまうと損害賠償請求などで、多額の賠償金を支払うケースだってあり得ます。

ニュースで実名報道され顔画像が全国に流れたら、その後の人生は過酷な道になることは分かりきっているのにあまりに愚かです。

この県立川崎高校の件については引き続きチェックしていき、新情報が入ればいち早く追記していきます。