上智大学でアカハラ・セクハラした助産学専攻科教員3人は誰?名前と顔画像の特定・判明はしてる?



2018年に上智大学の助産学専攻科において、3人の教員が女子学生に対してアカハラおよびパワハラを行ったいたことが判明しました。

このページでは上智大学による騒動の概要と、アカハラ・パワハラの教員は誰で名前や顔画像などを取り上げていきます。

上智大学の助産学専攻科教員によるアカハラ・セクハラ騒動の概要

上智大学助産学専攻科の教員3人が2018年度、女子学生に対してアカデミックハラスメント(アカハラ)やセクハラをしていたことが、同大を運営する学校法人上智学院のハラスメント対策委員会の調査で分かった。

上智大は「公表するかどうか決める段階ではない。回答は差し控える」としている。

上智学院は19年3月、学生からの申し立てを受け、調査していた。

同委員会が8月にこの学生に対して出した通知書によると、教員の1人は18年11月、「助産師にならなくてもいいのではないか」と発言。

対策委は「努力、能力を否定し、学びへの意欲を削(そ)ぐもの」としてアカハラと認定した。同月、この教員が、他学生の前で「(病院実習の評価を)就職先に言いにいく」と言ったことについても「評価が低い旨を他の学生や病院スタッフの前で示すもの」で、アカハラに該当するとした。

さらに、別の教員2人が、教材を買い替えたり修理したりするため、学生が加入する保険を使って虚偽の請求をさせようとした件も「教員としての優越的地位を利用して、不正行為に学生を加担させたことが認められる」として、黙認していた教員1人を含め、アカハラに該当するとした。

その後、保険金請求については教員側から不服申し立てがあり、再調査委員会が設置されている。

また、1人の教員は、学生の容姿などに関する発言を複数回行ったとして、セクハラと認定された。

申し立てた女性は「再発防止策が取られているのか、大学から具体的な話がなく、分からない。ハラスメントに泣く学生をなくすためにも、大学は学生への説明をきちんとしてほしい」と話す。

(引用:朝日新聞デジタル

上智大学助産学専攻科で起きたこの一連の騒動ですが、報道を聞いて思った個人的な見解としては、「アカハラに関しては少し難しいな」というのが正直なところです。

助産師という仕事は命に直接かかわる仕事ですし、精神的・肉体的に不安定な状態にある妊婦さんとに寄り添って深く付き合う必要があります。

もし被害を受けたとされる女子学生が、助産師として著しく能力や資質に欠けているための指導である可能性もあるからです。

とはいえ上智大学のハラスメント対策委員会が「アカハラ」と認定しているようなので、指導を逸脱したやりとりは間違いなくあったのでしょうね。

また「言ったor言ってない」「アカハラ・パワハラor指導」など教員と女子学生の言動に対する点よりも、保険金を虚偽請求させたことの方が個人的に気になりますね。

なんにせよ上智大学は、「ハラスメントのないキャンパスを目指して」というテーマで、人権侵害や差別に対しては適切な姿勢をとることを掲げています。

上智大学側は未だ回答を差し控える旨を述べているようですが、再発を防止するような具体的な案も含めて、今回の件について正式な発表をしてもらいたいと思います。



上智大学の助産学専攻科教員3人は誰?名前と顔画像は特定されてる?

今回の騒ぎとなった、上智大の助産学専攻科教員3人が誰で名前や顔画像を知りたい方は少なくないと思います。

残念ながらこの3人の助産学専攻科教員について、名前や顔画像の特定はされておらず、どれだけ調べても具体的な教師名が出てくることはありません。

また上智大自体が「公表は未定」としていますので、現在の時点でこの教諭たちが誰なのかは判明していないのです。

ここからは独自リサーチしていきますが、上智大学の中で「助産学専攻科」というのは「看護学科の中の1科目なんですね。

そして上智大学の公式ホームページで紹介されている看護学科の職員の中で、担当科目・専門分野の欄に「助産」と書かれてある職員を調べました。

それは以下の5名でした。

・草柳 浩子(教授)
・礒山 あけみ(准教授)
・平塚 克洋(助教)
・光武 智美(助教)
・近藤 千惠(助手)

被害者の女子学生と接点を持っていた可能性が高いのは、助産を専門にしている教員だという推測から挙げてみました。

ただし看護学科に在籍している、他の教員の可能性もあるので分かりませんが。

現段階では情報が少なすぎますし不特定要素が多いので、上智大学による公式な発表を待ちたいと思います。

名前や顔画像など、今後もこの上智大学のアカハラ・パワハラ騒動については追って調べていき、新しい情報が入り次第すぐに追記していきます。



上智大学のアカハラ・パワハラに対するネット・世間の声

助産や看護の教官は本当にキツい。実習指導者もとても怖かった。

愛情もって、現場で少しでも困らないように心を鬼にして指導をする人もいるけど、時々学生を鬱憤ばらしの道具にしか思わないような人格否定をする人も沢山いた。

行き過ぎた指導や人格否定は良くない。しかし、今の学生さんや若い助産師、看護師は常識的なことも分からず、勉強も不足しており仕事も覚えないのに権利など自分に有利になることだけは主張する。

だが、今は特に実習生(学生)を注意してはいけない、と実習前にお達しが来るのだ。辞めてしまうからだ。

アカハラ、パワハラ、セクハラなども問題だが、学生や若い助産師や看護師の指導も本当に難しくなっている。

詳細は不明だが、記事の中身だけで判断するともう過剰に保護する学生の権利には疑問を覚える。

特に助産師にはならなくてもいいのでは?は本人の適正を述べているだけで、後は本人の判断と考えればいいだけ。本当に今の日本は狂っている。

看護あるあるだと思います。他の学部ではありえない教え方が看護ではまかり通っている、古い世界です。

看護師の地位向上、大学教育への移行は進んでいますが、またまだ教える側の大半は専門卒→臨床を数年経験してからの大学・大学院への編入です。

この記事を読む方々には、まずそこを念頭に置いていだきたい。

私は現役の大学教授ですが、最近はハラスメントの認定基準が「感じた側」の主張に偏る傾向が強いため、ここ数年は学生との関わりを極力避けるようにしています。

学生との飲み会やゼミ合宿の類いも全て廃止しました。卒業論文指導等も一切厳しいことは言わないように心がけています。

卒業論文を完成させらる学生の割合は半分以下に激減しましたが…

副作用として、学部で甘やかされてきた学生が大学院に進学した場合に、修士論文を執筆できる水準にないという問題が生じつつあります。

私は、学生と会うのを教室や談話室等人の目のある所に限定しているため、学生が研究室を尋ねてくることも無くなり、研究に集中する時間が増えました。

これらの訴えは、一人の女子学生から発せられたものなのでしょうか。

一人でこれだけあるのならば、この女子学生自身も査定したほうがいいと感じます。

その前にすべての訴えを認めてしまうと、教育や指導が保全一辺倒となり未来はつまらないものになると心配です。

助産学を専攻して大学を卒業しても助産師として就職しなければならない義務はなく、職業選択の自由はあるという意味で「助産師にならなくてもいいよ」と言ったのであれば問題ないと思うが、言い方によっては違う意味にとられることもあるから言い方は大事だと思う。

そもそも上智には看護や助産の学部がなかったが、他大学との合併によって新設された歴史の浅い部だからまだまだ熟成が足りないんだろうな。

ネームバリューだけで入ってしまう学生もいるが、附属病院も持っていないので不便なことや不都合なことが多かった、と卒業生が言っていた

まぁ、正直火のないところに煙は立ちません。この教員はもちろん悪いがこの学生はかなり要注意人物だと思う。

理由もなくそのようなコメント教師はしないです。教師の本音を聞きたい。

明らかに看護職に向かない学生がいることは、看護教育現場に身を置くものとして感じます。

教員はただ国家試験合格必勝法を教えるツールなのか?

この大学は学部独自の校則を持っていて容赦なく学生を自主退学させる。

ネットには追試や講義等一切行われる事なく自主退学で辞めさせられる生徒や保護者の悲痛な相談がたくさん寄せられている。

今まで理不尽な自主退学と称した退学をさせられて来た多くの学生達はこの記事をどう見るのだろうか。

年代的に今思えばパワハラ、セクハラを受けた年代ですが、今の時代に合わせ昔の当り前も改めなければなりません!

それに昔以上に問題発言や行動を起こす教職員が増えました。

一層のモラルが求められます。

上智大学は優秀な学生が多い

教員はそれ以上に倫理感 社会感 道徳感が必要!