岩根茂樹(関西電力社長)の自宅は富田林の豪邸?出身高校・大学など経歴や妻など家族と年収は?

2019年10月2日に、関西電力役員の金品受領問題について記者会見が開かれました。

そこで「お菓子だと思っていたら金貨だった」と、客観的にかなり苦しいことをいっていたのが、関西電力の社長である岩根茂樹です。

今回はこの岩根茂樹の自宅が富田林ということ、出身高校や大学などの経歴について、妻や子供など家族と年収に関する情報を調査しました。



岩根茂樹(関西電力社長)の自宅は富田林の豪邸?登録有形文化財にも指定!

岩根茂樹社長の自宅は大阪の富田林であることが、2019年10月4日のFRIDAYデジタル GOLDの記事にて掲載されていました。

石垣と高い壁に囲まれた日本家屋。上の写真は大阪府富田林(とんだばやし)市の閑静な住宅街にある豪邸だ。そして、その表札には、「岩根茂樹」と書かれている。
「ここは関西電力社長である岩根茂樹(66)の実家です。土地の広さは360坪以上。岩根家は酒造業で財を成した地元の名家です。この一帯には岩根家の土地がいくつもありますよ」(近所住民)
関西電力の法人登記簿によれば、’16年5月まで岩根氏はこの豪邸を自宅としていた。その後、岩根氏は親族から市内の別の土地を相続して転居している(2枚目写真)。その一軒家も宅地は約90坪。落ち着いた外装の重厚な邸宅だ。

引用:FRIDAYデジタル GOLD

この富田林にある岩根茂樹の自宅は、どうも実家のようで現在は住んでいないみたいですね。

富田林という場所は大阪の中でも比較的富裕層が住む地域のようですが、その中でもひときわ目をひく豪邸です。

かつては法人登記上の自宅にしていたようですが、今は同市内の一軒家に移っているという話です。

そして驚くべきはこの住宅で、なんと文化庁の登録有形文化財に指定されているようです。

というのもこの岩根家は明治~昭和初期まで酒造業で栄えていた旧家のようで、岩根家住宅主屋、奥座敷、酒蔵(南蔵、西蔵、茶室、門屋、籠塀)が、平成20年4月18日に国登録文化財として登録されています。

会見ではただの気弱そうなおじいさんという感じでしたが、腐っても大手電力会社である関西電力の社長を任されている男ということで、さすがの名家出身です。



岩根茂樹(関西電力社長)の出身高校・大学など経歴について

数ある電力会社の中でも、大手電力会社として存在する関西電力。

その社長にまで上り詰めた、岩根茂樹の経歴について紹介していきます。

岩根茂樹はどこの大学・高校出身?

岩根茂樹の出身大学は、「京都大学・法学部」です。

京都大学といえば東京大学と双璧をなす国内最高峰の大学で、理系分野では数々のノーベル賞受賞者を輩出している名門中の名門ですね。

しかも法学部の偏差値は67.5で、これは医学部をのぞいたら京都大学の中でもトップクラスの偏差値です。

関西電力の代表取締役社長にまで上り詰めた経歴の持ち主なので、学力に関しても超エリートだったのでしょう。

岩根茂樹の出身高校に関する情報は発見することができませんでしたが、2019年京都大学合格者の高校別ランキングでは、

・大阪府立北野高等学校

・洛南高等学校

・堀川高等学校

・甲陽学院高等学校

・灘高等学校

岩根茂樹がこれらの高校の出身かは不明ですが、京都大学に合格できるということは高偏差値の高校である可能性は高いですね。

ランキングの中だと、高校生だった岩根茂樹が富田林の実家から通学するとなると、大阪府立北野高等学校が出身高校というのもありえる話ではないでしょうか。

関西電力入社後の岩根茂樹の簡単な経歴

そこから着々と業績を上げていき、1993年には京都支店支店長室長に就任し、その後は総務・購買・燃料部門を転々とする。

美浜原発3号機のタービン建屋において復水配管が破裂した事故を受け、2005年に原子力保全改革推進室長となる。

2007年には執行役員企画室長、2010年常務取締役、2012年副社長に就任。

そして経営陣の若返りを進める関電は6年ぶりのトップ交代として、当時社長の八木誠からバトンタッチを受ける形で、2016年に岩根茂樹が社長へと就任しました。

岩根茂樹(関西電力社長)年収はいくらぐらい?

岩根茂樹の年収はいくらぐらいなのでしょうか?

電力会社などのインフラ系企業は一般企業よりも給料は高く、特に関電という大手電力会社の社長なので、相当な金額の給料を受け取っていてもおかしくないですよね。

そこで岩根茂樹の給料や年収について、考察したいと思います。

調査によると関西電力の平成30年度の平均年収は792万円で、50代以上の管理職になると1,000万円の大台を突破するケースが多いようです。

岩根茂樹の年収は公表されていないので、ここから先は推測するしかないのですが、前任の八木社長(現会長)のケースは参考になるでしょう。

これは平成25年4月に行われた電気料金値上の際に、前任の八木誠社長(現会長)が役員報酬の70%をカットすると発表。

ただ70%をカットしても2,000万円程度は残っていたようで、つまり6,700万円という法外な報酬を受けていたようです。

あくまでも当時の八木社長のケースなので、現社長の岩根茂樹にそのまま当てはまるわけではないですが、同等の給料・年収であってもおかしくはありませんね。

岩根茂樹(関西電力社長)の妻や子供など家族について

岩根茂樹の名前を検索すると、「妻」「子供」というキーワードを出てきました。

岩根茂樹に妻や子供がいるのかという情報は、残念ながら見つけることはできませんでした。

ただ大企業では結婚していない独身者は出世しにくいという風習もありますので、関西電力の代表取締役社長が独り者で妻がいない独身者ということはあまり考えられません。

また上でも紹介しましたが、岩根家は富田林では名家にあたるので、その家柄にふさわしい女性を嫁に迎えていると予想します。

また岩根茂樹の年齢は現在66歳とのことなので、奥さんや子供どころかその孫がいてもおかしくない年齢ですね。

タレントや有名人ではないので難しいとは思いますが、岩根茂樹の妻や子供など家族の新情報があれば追記します。