池裕美子の顔画像やFacebookは?門真市で同居する母親の首を絞めて殺害した犯行動機とは?

11月23日に大阪府門真市で、実母を殺害しようとした疑いで池裕美子が逮捕されました。

被害者の泉田貴美代さんは既に死亡が確認され、容疑は殺人へと切り替わったようです。

このページでは池裕美子が起こした事件の概要や犯行動機、顔画像やフェイスブックなどを詳しく紹介します。



池裕美子が起こした事件の概要について

同居する実母を殺そうとしたとして、大阪府警は23日、門真市北巣本町の無職池裕美子容疑者(62)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、発表した。

「ひもで首を絞めた」と容疑を認めているという。実母は搬送先の病院で死亡が確認された。府警は殺人容疑に切り替えて捜査している。

門真署によると、池容疑者は23日午前11時15分ごろ、二世帯住宅で同居する母の無職泉田貴美代さん(82)を自宅の寝室で殺そうとした疑いがある。

直後に池容疑者が自ら「母を殺した」と110番通報。泉田さんはふとんの上に倒れており、同じ部屋にいた池容疑者を、警察官が現行犯逮捕したという。

現場は3階建ての店舗兼住宅。2階に泉田さんが住み、3階に池容疑者と夫(63)が暮らしていた。

事件発生当時、夫は1階のクリーニング店にいたという。

(引用:朝日新聞デジタル

年老いた母をこれまた年老いた娘が殺害するという、なんとも悲劇的な事件が起きました。

俗にいう8050問題ではなく、今回の場合は8060ですね。

今回の池裕美子が起こした事件は、これから超高齢化社会を向かえるに日本において、他人事とは思えない誰にでも起こりえることだと思います。



池裕美子のプロフィールと顔画像やFacebook

今までで明らかになっている、池裕美子のプロフィールはこちらになります。

・名前:池 裕美子(いけ ゆみこ)
・年齢:62歳
・職業:無職
・住所:大阪府門真市北巣本町
・逮捕理由:殺人未遂の疑い

池裕美子は年齢62歳で、職業は無職。

実の母である被害者の泉田貴美代さんとは、二世帯住宅で暮らしていたようなので専業主婦になります。

現場となったのは大阪門真市の3階建て店舗兼住居で、1階部分は池裕美子の旦那が営んでいるクリーニング店とのこと。

次に池裕美子の顔画像ですが、現在は明らかになっていません。

逮捕・連行時にテレビカメラが池裕美子の顔画像や姿を押さえようとしていましたが、今回は警察側が配慮をしたようですね。

毛布のようなものでガードして、カメラに映らないようにしていました。

ただ逮捕時は殺人未遂の疑いでしたが、すでに捜査は殺人に切り替わったとのことなので、警察によって顔写真が公開される可能性はあると思います。

新しい情報が入り次第、追記していきます。

そして池裕美子のSNS関連情報ですが、インスタグラム・ツイッター・フェイスブックなどを調べましたが、未だ見つかっていません。

娘といっても池裕美子は62歳ですからね、TwitterやFacebookを積極的に使うという感じではないかもしれません。

また旧性の泉田裕美子でも検索しましたが、それらしいアカウントはヒットしなかったです。



池裕美子の犯行動機は一体なに?なぜ実の母を殺害したのか?

池裕美子の犯行動機は一体何なのでしょうか?

一番考えられるのが、介護疲れ・介護鬱による犯行だと推測します。

報道で流れている情報を読み解くと、2世帯住宅で旦那はクリーニングの仕事を勤め、池裕美子が母親の介護を担当していたと推測します。

泉田貴美代さんの状態がどれぐらいかは不明ですが、実母の介護は「もう何もかも楽になりたい」と思うぐらい苦しいケースがあるようです。

介護疲れ以外の犯行動機だと、親子間で深刻なトラブルがあったなどでしょうか。

もともとソリが合わず、長年にわたって積もり積もる恨みがあっての犯行とか。

動機は何にせよ池裕美子の旦那は、犯行に至らないよう手を差し伸べることはできなかったのでしょうか?

犯行時に旦那は1階でクリーニング業務中だったとのことですが、泉田貴美代さんのことは一切合切全部任せていたのかもしれません。

瞬間の突発的な衝動ではなく、首を絞めるためにヒモを用意していたところから、犯行に至ることを決めていた可能性が高いですよね。

そこまで行く前に、何か解決策はなかったのか・・・。

以前から何かしらのSOSは出ていたが、それを蔑ろにして池裕美子を孤立させてしまった可能性があると推測します。

とはいえ実の母を殺害したことには変わりなく、背景がどうあれ同情の余地はないと考えるので、しかるべき罪を受けることになるでしょう。

池裕美子についてのネット・世間の声

介護する側と、される側、、、、、かな。介護する側は、24時間365日。

どんなに仲の良い家族だったとしても、介護する側は、何度か互いに楽になれたら、と、思った事があるはず。

これは、介護する側になった事がある人は、理解できるはず。心苦しい事件だ。

介護に疲れだろうな 今この問題で苦しんでいる人は相当数いると思う

もう少し楽に介護施設にはいれるように、ならないものだろうか。

長生きは良いことと心から言える世の中になって欲しいものです。

政治家は私腹を肥やすことと票集めにばかり躍起になっていないで、こういう問題にこそ目を向けて。

これまで「老老介護」と言えば、夫婦間の問題と捉えられていました。

親の介護を理由に子供が退職する「介護離職」が叫ばれて久しく、今度は「親を殺める事態」にまで発展しようとは!嘆かわしいとしか言いようがありません。

昔から、こういう事件が起きて裁判所で裁判長が加害者だけの問題ではなく、日本全体で考えなくては行けない問題。

加害者だけが悪い訳ではない。って言ってから何年も経っている

結局、対して何も変わってないし今後も考える様子も無い

こっちも8050問題だよ

親子だと喧嘩もエスカレートしてしまうこともあるし施設にお願いしようとしてもすぐには入れず結局家族がみるしかない世の中。

60過ぎの娘が、80過ぎの母親の首をしめる。一般的には介護疲れが原因で、情状酌量すべきだとの声が多い。

だが、そう言った声を上げる人が、実際に現場に居合わせたかと言えばそれはNOT.

なのに情状酌量せよとは、その方がよっぽど無責任な発言である。

高齢者の介護問題、早急に手を打たないと、殺人犯にならなくても良かった人が不幸な事件を起こすことになる。また、高齢の方も苦しんでいるでしょう。

これから高齢を迎える方、私たちも不安で仕方がない。多くの政治家が高齢者なのに、自分たちには関係のないことなんでしょうね。

有料老人施設で手厚い介護を受けることになっているでしょうから。

介護施設に預けるにも月々費用がかかります。

母親の年金で賄えるのであればきっと預けていたのでしょう。地域包括支援センターに相談していたら事態が変わっていたかもしれません。

残念でなりません。

介護疲れでしょうか?

62才の娘さんは心身共に疲れ果て疲弊していたのではないんでしょうか?私は紙一重でした。ケアマネージャーは私にこうしろ、ああしろと命令口調で頼りになりませんでした。