井川一善(姫路市議)の経歴と出身高校・大学など学歴は?結婚して嫁・子供の有無と給料や年収も



兵庫県姫路市の市議会議員の井川一善が、議会に嘘の届け出を提出し、タイに旅行へ行っていたことが発覚しました。

理由として世話になっている知人を訪問するためといっていますが、女性を同伴してのプライベート旅行にしかみえません。

このページでは、そんな井川一善の学歴とこれまでの経歴、結婚して嫁や子供の有無、給料・年収はいくらぐらいかなどを取り上げています。

井川一善の学歴とこれまでの経歴などプロフィール

まずは、井川一善の簡単なプロフィールを見ていきましょう。

・名前:井川 一善(いかわ かずよし)
・年齢:49歳
・生年月日:1970年3月7日
・出身地:兵庫県
・住所:〒671-0101 兵庫県姫路市大塩町651-43
・自宅電話番号:079-254-6807
・職業:姫路市議
・所属:自由民主党・無所属の会
・趣味:ゴルフ、旅行

井川一善は1970年生まれで、現在49歳。

所属は自由民主党・無所属の会で、姫路市の市議会議員を勤めています。

井川一善の出身高校・大学など学歴ですが、プロフィールの欄に「姫路市立飾磨高等学校」と書かれてありました。

この姫路市立飾磨高等学校のおおよその偏差値は50で、396校中178位とのこと。

市議会議員になる人の出身高校としては結構普通なので意外でしたが、明るく楽しい校風ということで、高校時代はノビノビと学んだのでしょう。

出身大学に関しては、姫路市立飾磨高等学校を1988年に卒業と書かれており、それ以外は何も載っていませんでした。

つまり大学に進学することはなく、最終学歴は高校卒業ということでしょう。

その後の詳細は足取りは不明ですが、主な肩書として「株式会社ワールドサービス代表」とあるのを発見しました。

この株式会社ワールドサービスというのは、創業が昭和34年で姫路市を拠点としているゴミ回収・清掃会社のようです。

現在の会社の代表者は、「井川 悦子」という名前が載っていました。

これはもしかすると井川一善の母親や、親戚の人間が始めた会社なのかもしれませんね。
そして2011年5月から、兵庫県市議会議員となって様々な役職に就きながら、精力的に活動しています

そして政治理念として、

「一生懸命頑張る人が必ず報われ、正直者がバカをみない社会を創ります!」

という言葉を掲げていました。

「正直者がバカをみない社会を創る」、本当に素晴らしいですね。

女性とタイに行くために、虚偽の届け出を出して議会を欠席するなんてことは、まさかあるわけがないと私は信じていますよw



井川一善は結婚して嫁・子供はいるの?

井川一善は結婚して嫁や子供はいるのかですが、自身のフェイスブック内で「独身」であることが載っています。

ネットを調べても離婚歴などもないことから、今まで1度も結婚したことがないシングル男性だと推測します。

なので今現在は兵庫県内で一人暮らし、または実家でご両親と同居しているということでしょう。

ちなみにプロフィール欄にある住所は、居住地ではなく事務所の住所ですね。

また今回の騒動でANAからの電話取材にて、「1人でタイに滞在しているのか?」という質問に、「妻になる人間といる」ということを答えていました。

この「妻になる」という言葉から、現在お付き合いをしている彼女で、相手女性とは結婚を考えているということでしょう。

ただ今回の騒動にて有権者を裏切ったことは明白ですし、会派にも嘘をついていたことを認めたようなので、辞職に追い込まれる可能性だってありますね。

井川一善は22日にタイから日本へ帰国するとのことですが、どう乗り切るのでしょうかね。

市議会議員として変わりなく活動し、プライベートでは結婚して奥さんや子供など家庭を持てるのでしょうか、今後も注目していきます。



井川一善の年収・給料はいくらぐらい?

今回スキャンダルが発覚した井川一善ですが、年収・給料はどれぐらい貰っているのでしょうか?

姫路市議員の報酬について調べましたが、月額68,5000円と決まっているようですね。

この金額は、「神戸市」「西宮市」に次ぐ第3位にランクインしており、全国的にみてもかなり高額の部類に入ります。

また給料としてもらえる報酬以外にも、年2回もらえる期末・勤勉手当というものがあり、2015年のデータでは150万円以上は貰っているようでした。

つまり井川一善の年収ですが、市議会議員としての給料だけで1200万円近くあることが推測できます。

このような高額報酬をもらっておきながら今回の騒動ですから、姫路市民から怒りの声が上がるのは当然といえるでしょうね。