平石桃子さんの仕事・勤務先はどこの会社?息子の山田隆太郎君が母親と苗字が違うのはなぜ?



今年9月に東京都豊洲のマンションにて、平石桃子さんの息子である山田隆太郎君が渡辺雄二容疑者に殺害される事件が起きました。

事件発生時、平石桃子さんは会社の海外出張に行っていたとのこと。

このページでは平石桃子の仕事・会社についてや、なぜ息子である山田隆太郎君と苗字が違うのかなどを解説していきます。

【*2019年12月18日追記】

平石桃子さんが漫画家として「ヤマダモモコ」という名義で、2017年に育児漫画を出版していたことが判明しました。

本の内容は事件で亡くなってしまった、山田隆太郎君との育児日記とのこと。

また平岩桃子さんは出版前からインスタグラム内では有名なイラストレーターだったらしく、発売した育児本も2万7千部も売れたようです。

平石桃子さんの仕事・勤務先の会社はどこ?

まず大前提として、平石桃子さんは唯一無二の息子である山田隆太郎君を殺害された被害者です。

なので当然ながら、職業やどこの会社に勤めているかなどニュースで報じらることはありません。

それを踏まえた上であくまでも推測ですが、平石桃子さんも渡辺雄二と同じ会社であるIHIの社員なのではと推測しています。

この考察のポイントとなるのは、

・タワーマンションの家賃を払えるだけの経済力があった
・事件当日は海外出張に行っていた

以上の2点です。

まず事件現場となってしまった豊洲一丁目のマンションは、逮捕された渡辺雄二ではなく平石桃子さんが借りていたのです。

そして東京の一等地である豊洲でさらにタワーマンションですから、その家賃はかなり高額であることが伺えますよね。

値段は間取りによって異なりますが、豊洲のマンションには渡辺雄二とその連れ子、そして平石桃子さんと息子の山田隆太郎君の4人が住んでいました。

4人で住むとなると1Kとかはありえませんよね、少なくとも2LDK~3LDKの部屋を借りていたと思います。

そう考えると具体的な家賃は月に20~40万ぐらいはするでしょうし、シングルマザーでありながら高額な家賃を支払えるぐらい収入が入る職業に就いているということですね。

そしてもう1つのポイントは、事件があった時に平石桃子さんは海外出張に行っていたということ。

なぜここでIHIが浮上するかというと、企業の口コミサイトにてIHIはかなり海外出張が多い会社のようなんです。

中には「海外出張が多すぎて家族との時間が作れない」とまで書かれている、口コミも見受けられるぐらいです。

そう考えると平石桃子さんもIHIの会社員と考えることもでき、そうなると渡辺雄二とは会社で出会ったことが想定できます。

さらに住居である豊洲のタワマンは、渡辺雄二の勤務先候補である「IHI昭島ビル」と距離が近いことも理由の1つです。

あくまでもこれは勝手な想像でしかなく真実は分かりませんが、平石桃子さんがIHIの社員だとしても別におかしくはないと考えています。



息子の山田隆太郎君が母親と苗字が違うのはなぜ?

平石桃子さんの息子である隆太郎君の名字が、「山田」ということについて。

「なぜ母親とその息子の名字が違うのか?」、ニュースを見て違和感を感じた人は少なくないと思います。

この点について考えられる理由ですが、平石桃子さんの前の旦那の名字が「山田」だったのではないでしょうか。

そして山田桃子さんは離婚後、旧制である「平石」に戻した。

ただ子供に関しては苗字を変えず、そのまま山田を名乗らせているというケースです。

これはシングルマザーの家庭では珍しいことではなく、子供の微妙な環境変化を考慮して、離婚後も苗字を変えないということはあります。

それ以外に考えられるパターンだと逆に旧制が山田で、平石桃子さんが前夫の平石姓を使っているケース。

これに関しては、職場や同僚に離婚したことをバレたくない人がそうすることもあるようですね。

あとは銀行口座やクレジットカードの名義変更が面倒という理由で、離婚後も旦那の名字を使う人もいるようです。

あとは平石桃子さん自身が海外出張に行くぐらい、多忙な生活をおくっているということで、単純に変更手続きが遅れてしまっているケースも考えられるでしょうかね。



平石桃子さんについてのネット・世間の声

海外出張以前に予兆はなかったのか。全く気付かなかったのか。子どもだって、明らかに様子は違ってたはず。

信頼していたのかもしれないが、浅はかすぎる

出張にいかなければ、、じゃないでしょ。

子どもより自身の恋愛を優先し、籍も入れていない男と同居し、シングルマザー手当てや優遇を受け、自身のキャリアを優先し子供を他人に預け出張した。

子供を第一に考える行動をしていたら防げた!!

本当に後悔していることでしょう。苦しい毎日だと思います。

でも…なぜもう少し自分の子供に責任を持てなかったのですか?シングルマザーで大変だったかもしれないけど、なぜ男を家に入れたんですか?

我慢が足らないですよ。殺されたお子さんが本当に本当にかわいそうです。

女性が働くことの難しさも感じます。お子さんを育てていくためにキャリアを積んでいきたかったのでしょう。

この方は、他に頼れる人がいなかったのでしょうね。お金があったのだろうから、プロの方を探すべきでした。

シングルマザーのお子さんの辛い事件が続きますね。

3歳の男児、母親でも手を焼く時期。継父だけに任せて海外出張とは。うーん。

もちろん虐待したこの男が一番悪い、悪いけど、浅はかすぎない?

虐待せず普通に世話してくれてても、実の親じゃないし何か事故が起こるかも?と不安にならないかな。

再婚相手の子供を心の底から愛してるなんて、ほんの一握りだと思う。

小さな子どもを抱えた母親に海外出張させる会社がしかも大手。

確かに男女平等で女性にも海外出張を命じなければならないにしても、そこら辺は、「子どもを抱えた母親に海外出張させるわけにはいかない」となって欲しかったですね。

小さい子がいるのに彼氏を作るのやめて欲しい。

周りに子連れ再婚してる友人が何人かいるけどやっぱり大きくなった時に不満を私の娘に言ってくる。母親を取られた寂しさだよ。

1人だけ可哀想な子がいたので友人と彼氏を呼んで話し合いした。別れる事で解決したかと思ったけどよりを戻した。

お願いだから子供をこれ以上亡くさないで。

彼氏作るのはいいけど一緒に暮らすのはね慎重にならないと

まだ3歳なんだから実の父親に預けたってママ、ママって泣くよ

知らないおじさんがいる家に置いてかれてどれだけ不安だったか挙げ句の果てにこんな事になって

お母さんは自分を責めてるだろうけどこれだけ連れ子への虐待が起きてるんだから一緒に住む前にもっと考えるべきだったよ

私の弟はシングルマザーの義妹と結婚し、血の繋がらない子どもと自分の子どもの2人を育てている。家族の為に必死に働いている。

義妹の事を思い浮かべると、決して子連れ再婚=女としての幸せを優先した、とは思わない。子どもの為に良い父親が必要だと決断する気持ちも分かる。

際、弟家族は仲良しで、努力している。血の繋がらない上の子は、自分はパパ似だと言って憚らないくらい。

選ぶ男を間違えたとしか言いようがない。

母親を責めるコメントが多いけど、責められるベきは同居男であって、赤の他人が傷心の母親を責めるのは違うと思う。

私もシングルで彼氏みたいな人いますがかなり前に遠回しの虐待みたいなことありました。

最近結婚をほのめなすような言葉がありましたがニュース見てると連れ子虐待ばかり。

友人は再婚しましたが連れ子が虐待されてないかいつも心配してるので私は再婚には前向きにならなくなりました。

お母さんを責めるコメントが多いけど・・・

記事を読むと 『4人で同居』とあり、容疑者も子連れだったんですよね。

この男性、イクメンパパみたいに装ってたんじゃないかな?

子供も ひとりっ子より兄弟がいてくれた方が遊び相手ができるとか、お母さんだけよりお父さんもいた方がいいんじゃないかとこ、子供のことも考えての同棲だったのでは??
容疑者自身にも幼い子供がいて大事にしてるだろうに、この女性の子供だけ殺すなんて信じられない・・・

後悔してもしきれないだろう。時間も戻らない。息子さんも戻らない。たしかに、不安要素はそれまでなかったのか?とか思うことはあるけど

今はただただ、容疑者に真実を話すことを望みます。そして罪を受けること。どんな刑罰が下っても、お子さんは戻らないしお母さんの後悔もやまないと思うけど。

このようなニュースを受けて、同じような境遇のご家庭は注意して欲しい。親が守らなくて誰が守るんだ。

ただ、もうお母さんを責めないで欲しい。こうなってしまった今、1番感じてるのはお母さんです。