スポーツ観るならDAZNで!圧倒的なサービスを誇るDAZNの魅力について!

DAZNは国際スポーツメディア企業のパフォーム・グループが設立した、スポーツ専門の動画配信サービスです。

サービス提供を開始したのは2016年と新しいのですが、DAZNでしか観れないスポーツの試合・配信方法など質の高いサービスを提供し、日本においてもすさまじい勢いで会員数を伸ばしています。

このページではまだDAZNをいまいち分かっていない初心者向けに、基本的なサービスの内容や唯一無二のポイントなどを解説していきます。

DAZNとは何か?料金や決済方法など基本情報

DAZNとは世界中のありとあらゆるスポーツの試合を、ライブ中継で観ることのできる動画サービスです。

内容について具体的な部分は後述しますが、メジャーからマイナーなスポーツまで広く網羅しています。

さらに見逃し配信・ハイライト配信・オリジナルコンテンツなど、他社にはない独自サービスを提供しています。

配信動画は、PC・スマホ・タブレット・ゲーム機器・テレビなどのデバイスで楽しむことができ、1アカウントで最大6つの端末に登録可能で同時視聴も2台までOK。

スタートからまだ3年程度ですが、日本でスポーツのライブ配信を観るなら「DAZNしかない」といえるぐらい圧倒的な存在になっています。

次にDAZNの料金ですがこれはいたってシンプルで、月額1,750円を支払えばすべてのコンテンツが見放題になります。

他社のVODサービスでは見放題作品と有料作品に分かれていることが多く、有料作品を観るためには別料金が必要になりますが、DAZNは追加費用やオプション料金などは一切必要ありません。

さらにドコモユーザー向けに、月額980円の「DAZN for docomo」というサービスもあります。

DAZNとDAZN for docomoの違いは料金だけで、全く同じサービスが使えて値段が1ヶ月770円も安くなるので、ドコモのサービスを使っている人は断然こちらがお得ですね。

DAZN for docomoはドコモユーザー限定でそれ以外の人は利用不可ですが、他にもDAZNを安く利用できる方法はあります。

それは一年間の料金を一括で払うことで安くなる、「DAZN年間視聴パス」です。

この年間パスを購入すると、DAZNの通常料金11ヶ月分に当たる19,250円で1年間視聴が可能となり、1ヶ月分お得になります。

このDAZN年間視聴パスは、

・Jリーグオンラインストア
・各クラブ指定のオンラインショップ
・Jリーグの試合会場

といった場所で購入することが可能です。

次にDAZNの支払い方法なのですが、

  • 日本国内発行のクレジットカード、デビットカード(VISA、JCB、MasterCard、AMEX)
  • DAZNプリペイドカード
  • DAZNチケット(日本全国のコンビニにあるマルチコピー機などで購入が可能)
  • DAZN年間視聴パス
  • Google Playアプリ内課金
  • Appleのアプリ内課金
  • アマゾンアカウント決済

などのような選択肢が用意されています。

DAZNプリペイドカードは、日本全国の主要家電量販店、ファミリーマートなど一部コンビニで販売しており、1ヶ月分・3ヶ月分・5ヶ月分のカードが販売されています。

DAZNチケットは、日本全国のコンビニにあるマルチコピー機(セブンイレブン)や、店頭端末(ロッピー、ファミポート)で購入できるクーポンチケットです。

こんな感じでクレジットカードを所持していない人でも利用できるよう、幅広い支払い方法を用意している点も、DAZNが日本で急激な人気を得た理由の1つでしょう。

他のVODサービスと同様に、お試し期間として初回登録から1か月間は無料でDAZNのコンテンツが観られるので、まずは一度自分の目で確かめると良いでしょう。

唯一無二のサービス!注目すべきDAZNのおすすめポイントについて

年間で1万試合以上、日本では配信されないマイナースポーツも幅広くカバー!

なんといってもDANZの最大の醍醐味は、世界中で行われているスポーツのライブ中継が見放題なところで、その数は年間1万試合以上と圧倒的な数になります。

そしてDAZNで取り扱われているスポーツは、

サッカー、野球、モータースポーツ、バスケットボール、ラグビー、テニス、自転車競技、ボクシング、ゴルフ、総合格闘技、アメリカンフットボール、ダーツ

など全部で130以上です。

サッカーや野球などメジャースポーツはもちろん、日本の地上波ではなかなか見ることができないマイナースポーツをも幅広くカバーして、あらゆるニーズに対応しています。

もはや日本のスポーツコンテンツにおいて、DAZNは黒船のような存在ですよね。

ソフトバンクが運営していたスポナビライブも2018年5月にDAZNに統合される形でサービスが終了しましたし、正直なところ肉薄するようなライバルは存在せずDAZNの一強状態ですね。

他にスポーツ中継が見れる動画サービスとして、WOWWOWやスカパーなどもありますが、視聴の手軽さ・料金の安さ・コンテンツ量などを比較しても、やはりDAZNに軍配が上がると思います。

特にサッカー中継にはめちゃくちゃ強い!

いろいろなスポーツの試合を扱っているDAZNですが、その中でもサッカーの中継にはめちゃくちゃ強く、サッカーの試合を観ることが目的でDAZNに入会する人はかなり多いでしょう。

たとえば国内サッカーでいえば、以前まではJリーグが観たい人はスカパーに入るのが普通でした。

ですが2017年シーズンからDAZNがJリーグの放映権契約を結び、その金額は10年間で2,100億円ということでこちらは大きな話題になりましたよね。

これによってトップリーグのJ1はもちろん、J2・J3の全試合をDAZNで生中継しています。

今まで日本のサッカーがまともにテレビ放送されるのは日本代表の試合ぐらいで、J1ですらNHKBSで何試合かたまに流れる程度で、試合を観ること自体が難しかったですよね。

それがDAZNに入れば、マイナーな地元のお気に入りクラブの試合でもシーズン通して全部観ることができるのです。

さらにDAZNでは欧州のリーグ戦、カップ戦の配信も行われており、

・プレミアリーグ
・ラ・リーガ(リーガエスパニョーラ)
・セリエA
・リーグアン
・スュペル・リグ(トルコリーグ)
・エールディヴィジ
・UEFAチャンピオンズリーグ
・UEFAヨーロッパリーグ
・インターナショナルチャンピオンズカップ
・FAカップ
・DFBポカール
・コッパイタリア

といったようにベルギーリーグとブンデスリーグを除いて、海外サッカーファンが観たい主要国はほぼ網羅されています。

特に世界最高峰のプレミアリーグと、UEFAチャンピオンズリーグのすべての試合が観れるというのはすさまじいインパクトで、個人的にはそれだけで月額1,750円の価値を大きく超えていると思います。

こんな感じで、DAZNは多くのサッカーファンが大満足できる内容ですし、今やサッカー観戦するのに欠かせない存在だと断言できますね。

見逃し配信、ハイライト再生機能があるので安心して楽しめる!

特に海外の試合だとどうしても時差があるので、リアルタイムで観ることが難しいことも多いです。

しかしDAZNには見逃し配信機能があり、これによって終了した試合を自分の好きなタイミングで後から観ることができます。

この見逃し配信は試合終了後すぐにスタートし、7日間までは観れるようになっています。(Jリーグなどの一部は視聴期間が30日間ある場合も)

しかもこれは一部の試合だけでなく、基本的にDAZNで配信されているすべての試合において見逃し配信が可能になっています。

さらにDAZNには、「ハイライト再生機能」があります。

テニスや野球などはどうしても1試合の時間が長くなるケースがあり、忙しくて時間がない時など、1試合フルで観戦するのが厳しい時もありますよね。

とはいえ早送りを駆使しながら自分で調節しても、大事なシーンを飛ばしてしまうなどなかなか上手くいきません。

そこでDAZNのハイライト再生機能なのですが、重要なシーンだけをピックアップし、試合を数分にまとめてくれるので非常に便利です。

この機能を使えば、気になるスポーツ中継をサクッと観れるだけでなく、自分が普段見ないジャンルのスポーツにも使えて、新しい趣味を発見するきっかけにもなりますね。

daznでしか絶対に観れないオリジナルコンテンツ!

もちろんDAZNはスポーツの試合中継がメインなのですが、それ以外にも、

・シーズン開幕前のキャンプ風景
・注目選手へのインタビューコンテンツ
・UEFAチャンピオンズリーグなど、注目度の高い試合の前に組まれる特集番組
・欧州サッカーの試合をピックアップし、Jリーガーや監督が解説付きでお届けする特別番組
・優勝特番
・過去の目勝負を解説付きでプレイバック
・試合前のロッカールームにまでカメラを入れるドキュメンタリー番組

といった、DAZNでしか絶対に観れないオリジナルコンテンツが配信されています。

また2019年8月には、サッカー界のスーパースターである「クリスティアーノ・ロナウド」、「ネイマール」、「モウリーニョ」の3人に独占インタビューを行って、自身の本音を語ってもらう「THE MAKING OF」というオリジナルドキュメンタリーを配信。

さらに2019年10月には、読売ジャイアンツの選手・コーチ・監督・スタッフの裏側に密着した、「ジャイアンツ・ドキュメンタリー」も発表予定です。

このようにDAZNはスポーツをただ観るだけでなく、様々な角度から楽しめるコンテンツを次々と配信してくれるので本当に目を離すことができません。

テレビの大画面で観ることも可能!

スマホやタブレットで観るのも手軽で良いですが、やっぱりスポーツは迫力や臨場感が伝わってくる大画面で観たいですよね。

そんな人に朗報ですが、DAZNはテレビで観ることもできるのです。

具体的な方法をいくつか紹介すると、

  • スマートテレビで観る
  • Fire TVやChromecastなどDAZNに対応している、メディアストリーミングデバイスをテレビにつなげる
  • ひかりTVで観る(「ST-3400」という対応チューナーが必要)
  • Apple TVで観る
  • ゲーム機器を使う(プレイステーション3、プレイステーション4、プレイステーション4 PRO、Xbox One)
  • ケーブルを使ってテレビにHDMI出力する(HDMIケーブルや変換アダプタが必要)

などのような方法があります。

ただインターネット機能のあるテレビに買い替えるのは高くつきますし、いちいちゲーム機を起動するのも面倒ですよね。

その点において個人的にイチオシなのは、Fire TV Stickを使うことです。

Fire TV Stickなら、テレビとつないでアプリをダウンロードするだけなので手軽ですし、費用も数千円で済みますので。

さらにDAZN以外ののVODサービスにも対応しているので、スポーツだけでなく映画やドラマなども、家庭のテレビで観ることができます。

DAZNのまとめ

DAZNでは130以上のスポーツ・年間1万以上の試合を配信しており、メジャースポーツはもちろん、日本ではなかなか見れないマイナースポーツもしっかりカバーしています。

特にサッカーに関しては、J1・2・3のシーズン全試合、プレミアリーグやUEFAチャンピオンズリーグも含めて欧州主要リーグが網羅されているので、私と同じようなサッカー好きの方は大満足できると思いますね。

料金システムもユーザーには嬉しい明朗会計で、追加課金なしの月額1,750円ですべてを視聴することが可能となり、値段に対してのコストパフォーマンスは圧倒的です。

また機能面に関しても、試合終了から7日間はどのタイミングでも観ることのできる「見逃し配信」、試合の良いところをピックアップして数分にまとめてくれる「ハイライト再生機能」など、忙しい人でも空いた時間にお気に入りの試合を楽しむことができます。

とにかくスポーツ中継を見るなら今や必須のサービスといってもいいぐらい、DAZNは唯一無二の存在だと個人的には思います。

初回登録後の1ヶ月間は無料体験できますので、まずは入会してみてご自身でサービスを1度試してみることをおすすめします。