武漢で60代日本人男性死亡は誰で名前と顔や死因・死亡理由は?コロナ感染・重症肺炎で武漢病院入院中に!



新型コロナウイルスに感染疑いのある60代邦人男性が、入院先の武漢市内の病院で死亡したというニュースが発表されました。

この日本人男性は症状が重症化して、肺炎だけでなく合併症のような症状が出ていたとのことです。

ここでは中国武漢で亡くなった60代日本人男性に関するニュースの概要や、誰で名前と顔画像、死因・死亡理由などにを取り上げていきます。

中国武漢でコロナウイルスに感染疑いの60代日本人男性が死亡

中国の湖北省武漢市で、新型コロナウイルスに感染している疑いがあり、重い肺炎で入院していた60代の日本人男性が亡くなったことがわかった。

死亡したのは、中国の武漢市で重い肺炎で入院していた60代の日本人男性。先月16日ごろから発熱などの症状があり、先月22日に武漢市内の病院に入院していた。

男性は、新型コロナウイルスに感染している疑いが高いとの検査結果が出ていたが、最終的な判定結果は確定していない状況だった。

また、政府関係者も「合併症のような形になっていて、新型コロナウイルスとの関連はわからない」と話していた。

(引用:日本テレビ系(NNN)

日本でもコロナウイルスに関するニュースが連日報じられていますが、ここにきて深刻なニュースが発表されました。

中国湖北省武漢市に在住していた、60代の日本人男性が死亡したとのこと。

日本国内では新型コロナウイルスについて、「過剰に恐れることはない」と医療機関が呼びかけていますが、この件でさらに不安の声は高まるでしょう。



武漢の60代日本人・邦人男性の死因・死亡理由はいったい何?

今回武漢の病院で死亡してしまった、60代日本人男性の死因・死亡理由は何でしょうか?

これに関してニュースなどでは、「新型コロナウイルスに感染の疑い」や「重い肺炎」とあるだけで、最終的な死因や検査結果の内容は報じられていません。

分かっていることとしては、

・先月の1月16日から発熱など体調不良の症状が発生
・先月の1月22日から武漢市内の病院へ入院していた
・新型コロナウイルスに感染の疑いがあるとの検査結果が出ていた
・合併症のような症状でコロナウイルスとの明確な関連性は分からない

というようなことです。

個人的な見解を述べると、検査の最終的な判定結果が出ていないというのは「本当か?」と思ってしまいましたね。

武漢病院側としては責任問題を問われたくないので、「コロナとの関連は分からない」という、フワッとしたことを言っているように思えてきます。

死因に関する真実は今後明らかになるかは分かりませんが、この武漢で入院・死亡した60代邦人男性の死因を推測するなら、

やはり中国武漢にて、キャリアと濃厚接触して新型コロナウイルスに感染。

入院するも医療体制が間に合わずに肺炎症状が重症化し、呼吸困難や腎機能の低下が死亡理由だと予想します。

この60代邦人男性は最終的には合併症のような症状が出ていたかもしれませんが、その症状の原因となった大本はコロナウイルスで間違いないと思うのですが、真実はどうなのでしょうかね。



武漢市内の病院で死亡した60代日本人男性は誰で名前や顔画像は?

中国武漢にて死亡された60代日本人男性について、誰で名前や顔画像を知りたい方はいるでしょう。

この男性邦人の名前や顔写真の公開はされていないので、今はまだ特定などされていないです。

1人の人間が亡くなっている訳ですから、武漢側の病院や中国政府も詳細な情報を渡すとは思いますが、メディアでこの60代日本人男性が誰なのかを報じるのかは不明です。

それにしても、とうとう日本人の死亡者がでてしまいましたね・・・。

現在コロナウイルスの蔓延によって、武漢市はパニック状態になっています。

そんな状況の中で、武漢市内の病院・医療体制はベッドや医者が足りず、かなり劣悪で満足のいく治療を受けられないとも耳にしました。

日本でも帰国希望者に向けてチャーター便を飛ばしていますが、いろいろな理由があって乗ることはできなかったのでしょう。

仮にこの60代日本人男性が、1月29日に帰国できたチャーター機の第1便に乗れていたとしたら、亡くならずに済んでいた可能性もあったかもしれません。

他国にて闘病し、日々重症化していくことは不安でたまらなかったと思います。謹んでご冥福をお祈りまします。



コロナ感染疑いの武漢在住日本人男性死亡に関する世間の声

本当に残念です。チャーター機にも乗れなかったのだろうか。

色々制限あるのだろうが、橋下徹さんもおっしゃってたように、むしろ重症感染者こそ日本の医療受けてほしい。

はっきり言って現地は医療機関がパンク状態で本来なら死なないレベルの人でも亡くなってることも想像できます。

もちろん現地の医師も頑張ってるだろうが突貫で病院作ったり、人手不足があるだろう。

遂に、恐れていた悲しいニュースが入りました。

ですが、チャーター第1便から3便で帰国されていた方、11名以上がやむを得ない理由で帰宅済みとのこと。

あまり大々的に報道されていないのも不思議です。不安を煽り、不満が噴出するからでしょうか。

念には念を入れ、しっかり12.5日は滞在してもらいたいです。

自宅待機、経過観察は、しっかりされているのか報道して頂きたいです!

クルーズ船ばかりがクローズアップされますが、街中にも感染者は少なくないような気がしてなりません。

香港では隔離や自宅待機の約束を破ると、罰金などが課せられるそうです。

中国武漢から帰国できた私が言うべきではありませんが、ご冥福をお祈りします。

武漢にいた時は感染したら確実に死ぬ時は思っていました。中国の医療は劣悪です。

中国指導部は情報を常に隠し情報操作をしている人の命より政権維持が大事なのがよくわかるいい加減に気づいてほしい

WHOも中国に忖度これでは世界的にパンででミックには打ち勝てない

政府とはなんなのか、国際機関とはなんなのか本当に考えてほしい

発症から入院まで1週間。伝え聞く病院の待ち時間等と一致しますね。

おそらく重症化した後の予後はかなり悪いのでしょう。気になるのは当局の、関係性の認定不可という判断。

事実であればすでに死亡した人の多数は認定を受けずに亡くなっており、死者数はもっと多い。

武漢発症から2カ月以上経っているわけですが日本や他国はまだ半月ほどなのです。

このウィルスを軽視する報道が見られていますが中国の対応を「他人事」「初期対応が悪い」「衛生管理が成っていない」と高をくくっていては二の舞を踏みますよ。

初期の噂が現実味をおびてきているのです。まだ未確認なこともあるでしょう。

「回復した後も抗体ができずに再発してしまう」という件は安易に考えるべきではありません。

もしこれが本当であれば体力がない人は衰弱していくのみです。

この男性のご家族は帰国されているのかわかりませんが、このような残念な結果となり帰国していても武漢にいてもさぞかし辛い思いをされていると思います。

原因不明の肺炎流行の情報が出たタイミングで日本政府は帰国勧告を出すなどもっといろいろ出来たのではないかと思います。

早い段階で日本での治療が出来ていたらと思ってしまいます。

日本で手厚い治療を受けている外国人感染者と同じような治療が施されていたら違う結果だったと思います。本当に残念です。

発熱などで帰国便に乗れなかった邦人は何人ぐらい残っているのか心配です。

日本人はリスクを嫌って安全安心を好むのに政府は逆を行き、野党は今もサクラサクラの大合唱。議会に普通の感覚の人はいないのでしょうか。

ついに、日本人死亡のニュースが。。とても残念なニュースです。

武漢滞在の方だとしても日本人が亡くなるという内容は、新型ウイルスは更に私たちに近いものに感じました。

手洗い、マスクを徹底していても会社ではマスクをしない人が半数近くおりマスクしないの?と聞いても、電車通勤のときはマスクしてるよ!と言い、会社では外しています。

うつさないためにマスクをすべきだと思いますが根拠の無い自信で俺はうつらない自信がある!と言う方も居て欠勤したい気持ちで出社しています。

個々での対策や、他者への配慮でせめてマスク着用だけはお願いしたいです。

肺炎だけが問題じゃないことがこれでわかった。

肺炎で死んだわけではないから新型コロナウィルスじゃないみたいな間違った見解流さないで欲しい。

感染して入り込まれたら身体中あらゆるところがやられていくんだよな。

風邪で肺炎になったくらいで若者やまだ現役バリバリで仕事している60代の男がそんなに簡単に死なないよ。

入院はできるが治療はできないのかもしれない。現場の混乱状況はわからないが、第一線にいる医師は、精神的にも肉体的にも追い込まれ、医療器具も薬も足りてないと思う。

今は軽症でも重症になり得る、そうなった時の医療体制を整えて欲しい。

入院はできるが治療はできないのかもしれない。現場の混乱状況はわからないが、第一線にいる医師は、精神的にも肉体的にも追い込まれ、医療器具も薬も足りてないと思う。

今は軽症でも重症になり得る、そうなった時の医療体制を整えて欲しい。

チャーター機で帰国した人で、日本の施設で約14日の拘束がキツい等、対応職員に文句や罵声を浴びせるらしいけどそれは違う。

未だに武漢に残っていたら、この亡くなった方の様になる確立は高くなり、もっと恐怖にさらされていただろう。

感染しているかも知れないが検査し、陽性であれば然るべき病院で治療を受けられる。

武漢とは違う環境での治療はどれだけ安心感が増すか。酷な様だが、感染していないと判るまでは我慢して欲しい。

とうとう日本人の死者が出てしまいましたね…。

この方の持病など、色々公表してほしいと思う方もいらっしゃるとは思うが、今、この場では、この方のご冥福をお祈りすることだけを考えたい。

異国の地で亡くなり、どれだけお辛かった事か…。

日本で治療が出来たら、助かる確率は全く違ったのではと思ってしまいます。ご冥福をお祈りします。

重症化するとほんとうに危ないウイルスなのですね。もはや対岸のことではありません。
感染が拡がったときに、ぜんぶの患者を搬送できるのか。日本も、そろそろ本気でシュレーションし、備えなくてはならないです。

当分のあいだ、人混みをさけ、からだの弱い人は不用の外出は避けた方がいいのかも知れません。