ブックパス|雑誌読み放題が熱い!国内最高レベルの電子書籍サービス

ブックパスはKDDI株式会社が運営している、携帯・スマホで有名なau公式の電子書籍サービスです。

サービスを開始した2012年当初はauスマートフォン向けのサービスでしたが、過去に運営していた「LISMO Book Store」を統合し、2018年にはauユーザー以外でも加入することが可能に、

このページではブックパスの利用をお考えの方に向けて、詳細情報やお得ないくつかのポイントを解説したいと思います。

ブックパスの料金システムや支払いなど基本情報

ブックパスは取扱い数が60万冊を超える電子書籍サービスで、定額読み放題サービスと都度購入という2種類のプランが存在します。

まず定額読み放題サービスですが、これは2つのコースに分かれています。

  • 読み放題マガジンコース
  • 読み放題総合コース

読み放題マガジンコースは、ブックパスで取り扱っている雑誌が月額380円で読み放題というコースです。

次に読み放題総合コースは、マガジンコースで読める雑誌以外に、小説・漫画、ビジネス書、グラビアなど4万冊以上の書籍を、月額562円ですべて読むことができるコースです。

マガジンコースと総合コースの値段の差は180円で、これをどう思うかは人それぞれ違いますが、個人的には雑誌だけでなく一般書籍も読める総合コースがおすすめですね。

この2つのコースの支払い方法は、auユーザーの場合は「auかんたん決済」で、auユーザー以外の人はクレジットカード払いになります。

また読み放題コースとは別に、ブックパスには他の電子書籍と同様に買い切り型のプランもあり、これは自分の好きな作品をその都度課金して購入するプランです。

新刊など読み放題対象外の作品を手に入れるには、こちらのプランになります。

この都度購入の支払いは、au WALLETポイントか「ブックパスコイン」での支払いが可能です。

このブックパスコインというのは、1コイン=1円としてブックパス内で書籍の購入に使うことができる専用コインです。

2つの読み放題サービスに関しては新規登録から1ヶ月間は無料なので、まず試してみるのはいかがでしょうか。

ブックパスの魅力・使って分かるおすすめポイントを紹介!

雑誌取扱い数は他社をしのぎ、コストパフォーマンスも高い!

ブックパスで取り扱われている雑誌の数は300冊以上で、これは国内市で主要な雑誌読み放題サービスの、楽天マガジン(380円)とdマガジン(400円)の250誌を上回ります。

そしてこの300冊以上の雑誌が、一番安い月額380円の読み放題マガジンコースに入会すれば全て読めるということです。

雑誌の値段が1冊いくらかを考えれば、圧倒的なコストパフォーマンスだということが分かりますよね。

さらに取り扱っている雑誌の品揃えも素晴らしく、

「ビジネス・マネー」、「ファッション誌」、「芸能・週刊誌」、「ライフスタイル誌」、「料理」、「グルメ・おでかけ」、「健康」、「趣味・エンタメ」

などあらゆるジャンルの雑誌を網羅して、幅広いニーズに答えてくれています。

もちろん誰も知らないマイナー誌ではなく、各ジャンル内でも有名なメジャー雑誌を多数取り揃えているのです。

また登録されている雑誌は現行だけでなくバックナンバーも読めるので、ブックパスを利用すれば忙しい人でも見逃す心配なく楽しむことができます。

ブックパスコインのボーナスや、定期的に行われる増量キャンペーン!

先述してますが、ブックパスは読み放題の月額サービスだけでなく、自分で好きな書籍を1つずつ都度購入することができます。

購入の際には、1円=1コインの「ブックパスコイン」が利用可能。

そしてこのブックパスコインは100コイン(100円)から購入することができ、1,000円以上からは購入額に応じてボーナスコインが付与されます。

具体的には、

・1000円で1010コイン(10ボーナス)
・2000円で2100コイン(100ボーナス)
・5000円で5500コイン(500ボーナス)
・9,800円で11,300コイン(1,500ボーナス)

という感じになります。

さらに毎月自動的にコインがチャージされる「月額コインプラン」というのも存在し、このプランの場合は500円からボーナスコインが付き、

・500円で525コイン(25ボーナス)
・1,000円で1,080コイン(80ボーナス)
・2,000円で2,200コイン(200ボーナス)
・5,000円で5,750コイン(750ボーナス)
・9,800円で11,800コイン(2,000ボーナス)

というように、さらに得られるボーナスコインが増えるのです。

なので1ヶ月で2冊ぐらいは書籍を購入する人なら、こちらの月額コインプランを使う方がお得になるでしょう。

また他にも、ブックパスには定期的に開催されるキャンペーンがあります。

過去行われたキャンペーンを例に出すと、

・購入額に応じたボーナスコインが大幅に増量される
・1日1回来店するだけで50コインもらえる
・先着20万人に、1億円分のコインをプレゼント

などのような、利用者に優しいキャンペーンが随時行われているので、こちらも見逃さずチェックすると良いですね。

マンガや成人向けコミックも取り扱っている!

これは562円の総合コースの話ですが、雑誌以外にも、

  • 一般漫画
  • 成人向けコミック
  • BLコミック
  • ライトノベル
  • グラビア

などが読み放題になっています。

同じような定額読み放題サービスの楽天マガジンやdマガジンは、雑誌しか読むことができません。

まやソフトバンク系列の会社が運営しているブック放題は漫画も読めますが、数少なすぎイマイチな印象がありますね。

ブックパスもコミック専門ではないので、充実したラインナップとまではいきませんが、全くない他社サービスと比較するならここは強みといってもいいでしょう。

あらゆるデバイスに対応しオフラインダウンロードも可能!解約後も利用できる!

ブックパスはPC、スマートフォン、タブレットなどのすべてに対応しているので、10代の学生さんから~大人の方まで、自分の生活に合った使い方ができます。

また電子書籍のダウンロード機能もあるので、端末に取り込んだ書籍はオフライン環境で読むことが可能になっています。

格安SIMを利用している方などは、電子書籍を読む時の通信料が気になると思うので、通信せずとも読むことができるこの機能はありがたいですね。

また使い方も複雑なことはなく、ダウンロードした書籍を「本棚」や「履歴」から選ぶだけなので、通学・通勤中にも手軽に利用することができます。

他の電子書籍サービスでは、端末を解約したらダウンロードしたものも自動的に削除されて読めなくなることもあります。

ですがブックパスならたとえauを解約したとしても、その後に変更手続きさえすれば、以前と同じように使うことができるのも大きなポイントでしょう。

ブックパスのまとめ

ブックパスは60万冊以上の電子書籍を取り扱う、携帯キャリアauの公式サービスです。

具体的なサービスとしては、300誌以上の雑誌を読むことができる「読み放題マガジンコース」と、それら雑誌を含む40,000冊以上の書籍を自由に読むことができる「読み放題総合コース」という2つのプランがあります。

まず取扱い雑誌が300以上というのは、他社の雑誌読み放題サービスを上回る数ですし、さらに漫画や成人向けコミックが読めるのもユーザーにとってはありがたいサービスです。

また漫画の最新作などは都度課金で購入することになりますが、その際に必要なブックパスコインはまとめ買いでボーナスが付与されたり、無料でもらえるキャンペーンがあるので上手に利用することでお得に書籍を購入することができます。

ブックパスはパソコンはもちろんスマホやタブレットにも対応しているので、個人のライフスタイルに合った使い方ができ、ダウンロードした本はオフライン環境でも読めるので、通学・通勤の途中やちょっとした空き時間にも読書が可能です。

au以外の方でも登録することができますし、読み放題サービスは初回登録から1か月間なら無料体験できるので、まずはお金を使わず試してみると良いでしょう。