ブック放題の詳細情報やユーザーに魅力的な4つのポイント!

ブック放題は、ソフトバンク株式会社の子会社である株式会社ビューンが管理・運営する、月額定額制の電子書籍読み放題サービスです。

それまでも電子書籍サイトはいくつもありましたが、2010年に日本で始めて雑誌が読み放題になるサービスを提供したのが、前身の「ビューン」になります。

ブック放題自体は、当初ソフトバンクユーザー向けのサービスでしたが、2017年にはソフトバンクユーザー以外の人でも利用できるようになりました。

このページではブック放題の詳細情報や、他社サービスより「ここが優れている!」などのおすすめポイントを解説したいと思います。

ブック放題の料金・支払方法について

ブック放題の料金は月額500円で、登録されている雑誌・漫画・旅行誌などがすべて読み放題になります。

電子書籍はどうしても権利などの関係で一部ページが修正や削除されていることもありますが、追加課金の別料金で「全部読み」というサービスを使えば、まるまる1冊読むことも可能です。

ただしこの全部読みはソフトバンクユーザー限定のサービスなので、それ以外の方が利用することはできません。

ブック放題の支払方法は、ソフトバンク会員なら携帯料金と一緒に支払いが可能です。

そしてソフトバンクユーザーではない一般会員の場合は、何のアカウントで登録した方によって支払い方法が異なります。

・ヤフージャパンIDで登録した人はヤフーウォレット、
・LINE・ツイッター・facebookなどのSNSアカウントで登録した場合は、クレジットカード(VISA、MasterCard、ダイナース、JCB、アメックス)

これから初めてブック放題を利用する方は、新規登録から30日間は料金がかからない無料お試し期間があるので、自分に合っているか試しに使ってみると良いでしょう。

ブック放題の利用をおすすめする優れた4つのポイント!

購読可能な雑誌は200誌以上、特に旅行雑誌のるるぶが読み放題!

ブック放題で購読できる雑誌の数は200誌以上となっており、この数は読み放題サービスとしてはスタンダード。

取り扱っているジャンルは、「総合誌」「ビジネス誌」「エンタメ」「ファッション誌」など幅広く、週刊誌も「FRIDAY」「週刊実話」「週刊文春」「FRASH」「アサヒ芸能」など、誰もが知るメジャー誌がラインナップされています。

そしてブック放題の大きな特徴の1つが、旅行雑誌の「るるぶ」が読み放題ということでしょう。

るるぶは結構値段が高く1冊1,000円以上しますので、それが月500円で読めるのはお得ですよね。

また日本版だけでなく、海外も含めて100冊以上のるるぶがブック放題なら読むことができるので、世界の観光情報を知りたい人や、旅行好きの人にはかなり嬉しいサービスです。

読み放題サービスでは珍しく漫画を読むことができる!

月額読み放題サービスとしては珍しいのですが、ブック放題は漫画も読むことができ、登録されている漫画は20,000冊以上です。

この点は、楽天マガジンやdマガジンなど他の読み放題サービスにはないブック放題の強みでしょう。

ただし漫画のラインナップが少し微妙というか、あまり耳にしたことのない漫画が多かったので、あくまでもおまけコンテン的な位置づけとしてに過剰な期待はしない方が良いと思います。

漫画をガッツリと読みたい人は「コミックDAYS」のような漫画雑誌読み放題サービスや、「ebookjapan」や「まんが王国」などの電子書籍サイトを利用するのが良いでしょう。

ただその中でも、「カイジ」「シュート」「ナニワ金融道」「Dr.コトー診療所」「CUFFS」などは、ブック放題でも読めて個人的に大好きな作品だったのでこれらが無料で読めるのは嬉しかったです。

他の人の本棚を見れる「本棚シェア」が秀逸!

ブック放題のアプリには「本棚シェア」という機能があり、これは雑誌や漫画を他人とシェアすることのできる機能です。

さらに本棚の中身に加えて、「ニックネーム、年代、性別、職業」などの情報が表示されるようになっています。

この本棚シェアによって、「30代のお医者さんはこんな本読をんでるんだ」とか、「20代の若いOLさんははこういうことに興味があるのね!」などの楽しみ方ができるのです。

こう聞くとプライバシー的に心配になる人もいるかと思いますが、シェアできるのは自分で設定した人だけです。

また自分自身の本棚をシェアしなければ、他の人の本棚を勝手に覗くことはできません。

もちろん本名や電話番号などの個人情報が表示されることはないので、その点は安心してください。

ヤフープレミアム会員の場合、無料の「読み放題プレミアム」が使える!

月額462円(税抜)のヤフープレミアム会員の人は、「読み放題プレミアム by ブック放題」というサービスが無料で利用できます

この読み放題プレミアムは、110誌以上の雑誌と13,000冊以上の漫画を読むことができる、いってしまえばブック放題の簡易版のようなものですね。

ブック放題には入っている、「週刊文春」「週刊現代」「FRIDAY」「ダイヤモンド」「東洋経済」「メンズノンノ」「るるぶ」などのような、主要な雑誌が省かれているので、ラインナップ的には微妙。

なので無料で使える権利のある人は使った方が良い、という感じのサービスでしょうか。

あまりいないと思いますが、この読み放題プレミアムを利用するために、わざわざ月額462円のヤフープレミアム会員になることはおすすめしません。

それだったら、あと数十円払ってブック放題を使った方が良いです。

ワイモバイルやソフトバンクなどでスマホの契約をしている人は、無料でヤフープレミアム会員になれるので、もし使っていない場合はぜひ利用してください。

ブック放題のまとめ

ブック放題はソフトバンクの子会社が運営している雑誌読み放題サービスで、月額料金500円で取り扱っているすべての雑誌を読むことが可能です。

読み放題として取り扱っている雑誌は200誌以上で、特に1冊1,000円以上する旅行雑誌のるるぶが読み放題なのはブック放題の大きな特徴となっています。

また他社にはサービスとして漫画も読み放題になっており、個人的には数・タイトルともに少し微妙ではありますが、おまけコンテンツ的な扱いとして暇つぶし用に使っています。

あとはヤフープレミアム会員の場合、110誌以上の雑誌・13,000冊以上の漫画が読める「読み放題プレミアム by ブック放題」が無料で使えるので、プレミアム会員でまだ登録していない人がいるならぜひ利用してください。

新規登録から1ヶ月間は無料期間になりますし、気に入らなければその期間中で解約すれば費用はかからないので、気軽に試してみて下さい。