BLUE GIANT|まるで音まで聞こえてくるリアルさ!今読むべき最高の音楽漫画

サックスを吹いている様子

今回ここで紹介するのは、「BLUE GIANT(ブルージャイアント)」という音楽漫画です。

漫画新聞というサイトで、堀江 貴文さんが大絶賛されていたのを見て読み始めましたが、これが予想外の大ヒット!

音楽がテーマの作品は、ハロルド作石さんの「BECK(ベック)」ぐらいしか読んだことがなかった私ですが、この漫画は本物でした。

世代問わず老若男女多くの人に読んでもらいたいと思っているので、自分なりに熱を込めて書いていきたいと思います。。

BLUE GIANTのあらすじ

主人公の宮本 大は、たまたま友人のすすめで聞いたジャズにうたれ、高校在学中に「世界一のジャズプレイヤー」になることを目指します。

弟想いの兄からテナーサックスをプレゼントしてもらい、そこからは練習漬けの日々。

生まれ持った才能とすさまじい努力、さらに周囲の人たちに恵まれて大の実力は飛躍的に伸びていき、高校卒業後は地元の仙台を離れて東京へと向かいます。

上京してからはピアノの雪祈とドラムの玉田の3人で「JASS」を結成し、数々のライブで高い評価を得て、ドンドン知名度を上げていきます。

果たして大は、最終目標の「世界一のジャズプレイヤー」になることは叶うのか?

ジャズを聞いたことがない人でも十分楽しめる、傑作の青春ジャズ成長物語です。

Blue Giantを読むならここに注目!個人的に思う秀逸ポイント

Blue Giantは全10巻と短いながらも、胸が熱くなる名シーンが非常に多い漫画です。

なので読む際には、飛ばすことなく1コマ1コマじっくりと時間をかけて堪能してもらいたい作品ですね。

ということで以下では、そんなBlue Giantにおいて私が「ここは凄いな!」と感じた秀逸ポイントを、いくつか紹介したいと思います。

まるで音が聞こえてくるかのような迫力・リアルな臨場感!

漫画なのに「音が聞こえてくる」というのもおかしな話ですが、BLUE GIANTを読んでいると紙からジャズが聞こえてくるかのような凄味を感じるのです。

特にライブシーンは、まるでその場にいるかのような錯覚を覚えるほど。

これは「音楽を漫画で表現するにあたって、どうすれば読者に伝わるのか?」を、作者の石塚 真一さんが徹底的に考えて描いているからだと思いますね。

たとえば、汗をかきながら全身で楽器を奏でているキャラクターの姿。

時にのけ反りながら目を閉じながら、一心不乱に楽器を演奏している動きのある絵は、こちら側に大きな迫力を伝えてくれます。

それとは対照的に、演奏部分の細かいところまでピックアップして描いている点も印象的です。

これはテナーサックスのキーを押さえる手の動きや、ピアノ内部のハンマーが弦を打っているところなど、「そんなとこまで書くんだ!」というほど細かく、この書き分けが他にはない臨場感をもたらしているのでしょう。

中でも個人的に一番鳥肌モノだったのが、JASSのピアニストである雪祈が、昔から憧れていた舞台に、急遽サポートメンバーとして演奏することになったシーン。

「内臓をひっくり返してやる」というセリフとともに、ダイナミックにピアノを演奏している姿は圧巻の一言でしたね。

そしてBLUE GIANTを読んでいると、作品の中で流れているジャズを想像し、自分で補完しながら読んでいることに気づきました。

とはいっても私はジャズをほとんど知らないので、昔テレビで見た東京スカパラダイスオーケストラや、ルパンの主題歌(ジャズなのか?)なんかをイメージしていましたがw

なにはともあれ、漫画から音が聞こえてくるほどのリアルさというのは、BLUE GIANTにて初めて体験したことです。

主人公の一途で真っすぐな、ジャズに対する強い思い!

この漫画の主人公である宮本 大の、ジャズに対して真摯に努力し成長していく姿は大きな見どころの1つでしょう。

最初は楽譜も読めなければ、ジャズの基本すら何も分かっていない状態なので、キレイな音を出すことすらままならず・・・。

そんな状態から、まずは我流で練習していきます。

学校とアルバイトの時間以外はほとんどすべてを練習に費やし、夏は大汗をかきながら、雪が降る日は唇を切りながらも、毎日飽きることなく河原でサックスを吹き続けるのです。

練習量が半端ないので、音を震わせる部品のリードがすぐすり減ってしまい、バイトで稼いだお金でリードを買い、そしてまた練習するという日々。

そして、大の人間性もまた本当に真っすぐ。

たとえば、年配の人が聞くイメージのあるジャズに対して、時にはクラスメイトから冷やかされることもありますが、ニコッと笑って「ジャズを聴いてみてくれ」と返します。

そして生まれて初めて参加したライブでは、お客さんから「うるさい」と言われ途中で帰らされたにも関わらず、「へでもねえや」といいながらすぐに練習を始めるのです。

後に師匠となる由井と知り合って手ほどきを受けるようになってからは、メキメキと才能を開花させ、それにともなって大に対する見方や周囲の反応は変化していきます。

ですが本人は何も変わることなく、とにかく「世界一のジャズプレイヤー」になるためだけに毎日を過ごすのです。

自分が歳をとったこともあるかと思いますが、この大の姿はシンプルに胸をうたれますね。

自分で決めた1つのことをとことん追求し、少しもぶれない一途な姿をみて、私と同じような感想を持つ方は少なくないと思います。

才能がなく努力だけで天才に食らいついていく、玉田という存在!

持って生まれた才能なんかより、「好き」という気持ちや自発的な努力こそが重要ということを、BLUE GIANTを読むことで学んだ気がします。

このきっかけになったのが、JASSの3人目のメンバーでドラムを担当する玉田という存在です。

この玉田はいたって平凡で、音楽的なセンスや特別な才能があるキャラではありません。

小さいころから音楽をやっていない点においては、大とほとんど同じなのですが、そうはいっても大には天性の才能があります。

またJASSのピアノ担当の雪祈は、4歳からずっと弾き続けている天才ピアニストです。

そんな玉田は自宅で使えるドラムセットを購入し音楽教室に通いながら、初心者として天才2人に混ざって活動をスタートさせます。

当然ですが、ついていける訳がないんですね。

3人そろったJASSの初ライブでは、大と雪祈の2人の演奏に対してお客さんから大きな拍手が向けられます。

しかし玉田はミスを連発して2人の足を引っぱる結果となり、「何もできなかった」と脱退寸前まで落ち込む始末・・・。

その後もトントン拍子で物事が進むわけもなく、ライブをすれば称賛を向けられるのはいつも大と雪折の2人に対してで、玉田は1人蚊帳の外状態。

ここまで読んで、もし自分が同じ立場だったら、早々に見切りをつけて辞めてしまうと思いました。

ですが玉田は「自分の意志で始めたこと」として、歯を食いしばりながら全力で食らいついていくのです。

そしてそんな苦い経験を繰り返しながらも徐々に力をつけていき、やがては大舞台で渾身のドラムソロを披露できるぐらいに成長するのです。

そこでは背景が真っ暗な中、激しくドラムを叩く玉田の姿がページ見開きで描かれているのですが、正直ここはBLUE GIANTの中でも一番感動したシーンでした。

上で紹介した、大のジャズに対する真摯な姿勢とはまた違った感動があり、雑草魂で努力する玉田の姿が見れるのも、私がこの漫画をおすすめする大きな理由の1つです。

BLUE GIANTの世界の後日談を描いている「BONUS TRACK」

「BLUE GIANT」は3人組のJASSが国内で活動し、解散するまでの話が描かれています。

その後、大は単身ドイツのミュンヘンへと旅立っていくのですが、これについては「Blue Giant Supreme」にて現在も連載中です。

話を戻してBLUE GIANTなのですが、巻末でおまけのような形で掲載されている「BONUS TRACK」という数ページの漫画があるのですが、これがまた面白い!

このBONUS TRACKでは、大が世界的なジャズプレイヤーになってからの後日談が描かれているのです。

詳細は明かされていないので分かりませんが、おそらく漫画本編から10~20年後だと思います。

ただしそこに大の姿はなく、BLUE GIANTに出てきた様々なキャラクターたちが、自分が知り合った当時の大について記憶をたどりながら、インタビュー形式で語っていきます。

成功した人の昔の知り合いに、「当時どうだったか?」を聞くインタビューは雑誌なんかでもありますよね。

「そこまで凄くなるとは全く思っていなかった」みたいな、あんな感じです。

「ポルシェを買ってやると言ってたがまだ買ってもらってない」、「いつかまた一緒に演奏したい」、「実はカラオケは下手」、「まるで滑走路で離陸を待つ飛行機のようだった」といったように、いろんな人物が思い思いに昔の大について語っています。

物語はどうしても主人公側目線で話が進むのですが、このBONUS TRACKによって「あのキャラは当時そんなことを考えていたんだ!」ということが分かります。

インタビューに答える登場人物は、父親・兄・サックスの師匠である由井・玉田など、本編の重要キャラクターはもちろんここにも登場します。

そして面白いのが、話の大筋に関わってこないサブキャラたちまでもが、ここでピックアップされている点です。

これはたとえば、

  • まだ大のサックスが下手だった頃、河原で「君の音が好き」と言ってくれた愛犬家のおじさん
  • 途中退場という苦い結果となる、初ライブで共演したボーカリスト・ピアニスト
  • ジャズをやっている大を下に見ていた、同級生のバンドマン
  • 大と1回だけ文化祭のライブで演奏した学校の音楽教師

このようなキャラクターたちも、BONUS TRACKの中で登場してきます。

これを見て私が頭に描いたのは、様々な人の気持ちを背負いながらも、昔と何も変わることなくジャズ一筋な大の姿ですね。

もちろん10数年が経過している前提なので他の人たちは変わっていますが、有名になろうがなんだろうが、大は昔と変わってないんだろうなと思います。

あとは成功したり大きな夢をつかむには、才能や実力だけでなく、「人との関りや人間性も同じぐらい大事」ということ。

大は多くの人が応援したいと思うような、人としての魅力にあふれていますからね。

なにはともあれ、このBONUS TRACKも含めて、単純な面白さだけではない魅力がBLUE GIANTには詰まっています。

BLUE GIANTのまとめ

ここまで「BLUE GIANT」について述べてきましたが、個人的には今年呼んだ漫画ではぶっちぎりの1番です!

漫画はどうしても好き嫌いがあったり、絵やストーリーが受け付けないなどあるかと思いますが、こと「BLUE GIANT」に関しては、もっと高く評価されるべきですし、本当に多くの人から支持されるべき作品だと強く思います。

正直読まないと損するんじゃないかと思うぐらい、自信を持っておすすめしますね。

特に夢や目標に向かって頑張っている人、今まさに壁にぶつかっている人、悩みを抱えて苦しんでいる人などは、BLUE GIANTを読むことで励まされる部分は少なくないと思います。