安保王子の読み方は?国籍は中国人?自宅の住所はさいたま市のどこ?



12月8日の夜さいたま市にて、同居している兄の手によって安保王子と息子の大翔くんが殺害されました。

あまりにも凄惨な事件だったので、テレビやネットでも様々な情報や憶測が飛び交っていますね。

このページではその被害者となった安保王子さんの、名前の読み方や国籍と、自宅の住所について解説しています。

安保王子の読み方は?なんて読むの?

安保王子さんの名前の読み方ですが「あんぼきみこ」と読みます。

「王子」と書いて「きみこ」と読むという名前は初めて聞きましたが、いわゆる当て字というやつですよね。

今回犯行に至った兄も「友佐」で「ともすけ」と呼びますし、ご両親がこのような名前を好んで付けたかと思います。

今はやりのキラキラネームだと、「男=あだむ」や「紅葉=めいぷる」など、本当にぶっとんだ名前もありますからね。

王子できみこも珍しいといえばもちろんですけど、漢字の組み合わせにクセがあるだけで、読み方は普通の名前ですよね。



安保王子さんの国籍は?中国人なの?

ネットを調べているとなぜか今回被害者となった安保王子さんが、「中国人?」といわれているのを発見しました。

これはおそらくですが、ニュースサイトなどで「安保王子(あんぼ・きみこ)」さんと記述されているからだと思います。

間に「・」が入っているから、中国人っぽい感じを受けた人がいたのでしょうね。

珍しい感じの組み合わせなので記事内で苗字と名前の区切りを分かりやすくしているだけだと思います。

あとは苗字が「安」で、名前が「保王子」と勘違いした人もいるかのしれませんね。

そして国籍ですが、安保王子さんはもちろん日本国籍だと思いますよ。

仮に中国国籍だったら「中国籍の女性」などのような記述があると思いますし、ネットを調べて雄日本国籍じゃないという情報は1つも見当たりませんでした。

安保王子さんの自宅の住所はさいたま市のどこ?

安保王子さん含む、5人の家族が住んでいた自宅の住所について。

これは「埼玉県さいたま市桜区道場2丁目」までは、報道でも明らかとなっていてその先は団地や集合住宅と書かれています。

ここから先の詳細な住所を調べると、

ニュースで報じられいた映像から、「浦和栄和南住宅3号棟」ということが判明しました。

そして安保王子さんたちが浦和栄和南住宅3号棟の何階に住んでいたかですが、これは犯人の安保友佐を逮捕した時なのですが、

5階の一室に警察官が駆けつけたところ、室内から飛び出してきた男が刃物を突きつけるなどしたため、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。

という記事がありました。

安保友佐は最初の逮捕時点では、警官に対する公務執行妨害で逮捕されていたんですね。

5階から出てきたということはそこが自宅となるので、つまり3号棟の5階の一室になりますね。

さらに浦和栄和南住宅に関して、不動産サイトで調べてみました。

まず浦和栄和南住宅3の号棟は、1972年に建てられていて築47年というわけです。

外見は比較的きれいですが、全国どこにでもある集合団地という感じですね。

そして部屋の中ですが、3号棟に空きがなかったので別の棟の情報ですが、このような団地の作りはほとんど一緒だと思います。

そこの部屋は間取りは3LDKで、14畳ほどのリビングがあり「6畳」「6畳」「4.5畳」の3部屋という内容です。

専有面積は65mm2程度の広さでした。

安保王子さんの家族は5人とのことなので、正直手狭感はあるかと思います。

ましてや縦横無尽に動き回る、3歳の幼児がいるとなると尚更です。

殺害することに正当な理由は何1つないとは思いますが、もしかしたら自宅は住む人間にストレスの逃げ場がなく、閉塞感が漂う家だったのかもしれません。